未分類

【男の二重整形】美容整形における二重手術の方法や費用、リスクを解説!

二重のプチ整形をしたいけど、どんな手術方法があるの?

男の二重整形ってどのくらいの費用・期間が必要?

女性の間では少しずつ当たり前になってきた二重のプチ整形

実は、男性でも二重の整形をしにくる患者さんが多いようです。

(取材をさせていただいたクリニックの先生がおっしゃっていました)

日本人の7割は一重と言われており、基本的に自力で二重にすることはできません。

「まぶたが薄い」など特定の条件が揃っている場合は加齢などで自然に二重になるケースがあります。)

また、いくらプチ整形といえど、

どんな方法で二重の手術がおこなわれるのか

治療後の後遺症などのリスク
(ダウンタイムを含めて)

元に戻ってしまうのかどうか

など、前もって知っておくことで、クリニック選び術式選びのときに役立てることができ、医師の方とお話をするときにも納得のいく選択ができます。

そこで、今回は男性で二重のプチ整形を考えている方にむけて、二重整形の術式特徴リスクなどについてわかりやすく解説します。

【二重のデザインについて知ろう!】
二重にみられる2つのデザイン

一口に二重といっても、その形はひとつではありません。

日本人に似合うとされている二重のデザインは主に以下の2種類とされています。

末広型二重

平行型二重

では、それぞれのデザインの特徴について、もう少しわかりやすく見ていきましょう。

末広型二重

末広型二重は、二重のラインが目の上のラインの途中から現れて、目尻に向かって幅が広くなっていくデザインです。

ちなみに、日本人のほとんどがこの末広型二重と言われています。

そのため、整形をしてもナチュラルな印象を与えるため、自他ともに違和感を感じにくく、受け入れられやすい形です。

ですので、整形がバレないような二重にしたい方にはおすすめの形です。

こんな人に似合う!

末広型二重は以下の特徴がある方に似合うとされています。

まぶたの皮膚がうすい

やや彫りの深い顔立ち

平行型二重

平行型二重は名前の通り、目頭から目尻まで、目と並行に二重ラインが出ている形です。

平行型二重は、アジア圏以外の外国人に見られやすい形で、二重ラインの存在感が大きいのが特徴です。

また、二重ラインと目自体の幅を広くすることで、より印象的でくっきりした二重になります。

そのため、ナチュラルな二重にしたい方には不向きなケースが多いです。

さらに、二重の幅が広すぎると、二重の下がぷっくりと膨らんでしまって、以下のような「ハム目」になってしまい、眠たそうな印象を与える二重になることもあります。

【出典】やまくり女子すたっふの美的日常

一方で、幅が狭すぎると、上からかぶさって奥二重になってしまいます。

(もちろん奥二重がその人にとっては自然で似合うこともあります)

こんな人に似合う!

平行型二重以下の特徴がある方に似合うとされています。

まぶたの皮膚が厚い

まぶたを開ける力が弱い方

どんな人でも、その人に合った自然な二重のデザインがひとつはあるはです。
そのため、ご自身にはどんなデザインが似合うのか、どんな印象にしたいかしっかりと医師と相談して検討するようにしましょう。

細かくデザインのリクエストには注意!

なりたい二重の理想があると思いますが、ご自身のまぶたの厚さ開き具合骨格などによっては、その理想の二重が不自然な仕上がりにつながってしまうことがあります。

また、細かくデザインを要求しすぎると、手術の難易度も上がります。

そのため、担当してくれる医師としっかりと相談して、ご自身に一番似合う自然な二重のデザインを決めることをおすすめします。

【どんな術式があるの?】
二重整形の術式は主に2種類!

二重整形の術式はクリニックなどによっても名称が異なったりして、混乱してしまいやすいです…。

ただ、術式自体は大きく分けて主に以下の2つです。

埋没法

切開法

とはいっても、それぞれの術式でいくつか種類があるので、それぞれの術式の特徴メリット・デメリットなどについて見ていきましょう。

【「埋没法」って何?】
埋没法の特徴とメリット・デメリット

(図)

埋没法は、ナイロン製の細い糸をまぶたの中に埋め込む術式です。

そうすることで、一重を二重にしたり、二重まぶたの幅を広げたりすることができます。

そのため、皮膚を切開して、傷跡を縫合するなどの処置は不要で、比較的簡単を二重を作ることができます。

また、腫れが少なく、ダウンタイム(※)も切開法に比べて短く済みます。

※ダウンタイム:施術を受けてから回復するまでの期間のことを意味します。
(腫れや痛み、むくみなどが生じてから普段通りの生活を送れるようになるまでの期間)

埋没法の最大のメリットは、糸を外せば元に戻ることです。

(手術してから1年以内であればすぐに戻ります)

ただ、これがデメリットになるともいえます。

埋没法で手術しても半永久的に二重を維持することはむずかしく、短期間で意図せず戻ってしまうことも…。

埋没法による二重の持続期間平均的には4~5年もつとされていますが、当然個人差はありますし、まぶたの厚みや目のくぼみなど条件次第では10年以上もつ方もいます。

一方で、条件が悪いと早くて半年程度で糸がゆるんでしまい、元に戻るケースもあります。

【効果】
半永久的ではない

【ダウンタイム】
2~3日(個人差あり)

【入院】
不要

【通院】
不要

【完成】
2~3ヶ月

埋没法には主に2種類!

埋没法には主に以下の2種類の術式があり、糸の結び目(※)の位置がそれぞれ異なります。

※糸の結び目を「結紮(けつさつ)」といいます。

皮膚側結紮埋没法

結膜側結紮埋没法

では、それぞれの埋没法の特徴についてわかりやすく解説していきます。

■皮膚側結紮埋没法

皮膚側結紮埋没法では、糸の結び目が皮膚側にきます。

また、まぶたの「瞼板(けんばん)」という硬い組織糸を通して固定する「瞼板法」を用いるので、ホールド力があり、糸が取れにくいというメリットがあります。

■結膜側結紮埋没法

結膜側結紮埋没法は、糸の結び目が結膜(眼球側)にくる方法で、目の奥の「眼瞼下垂(がんけんきょきん)」と皮膚を結び合わせる「挙筋法」を用います。

この埋没法は目の奥がなんとなく締め付けられている感じがするという方もいます。

また、眼瞼下垂(※)を起こすケースも稀にあります。

※眼瞼下垂(がんかかすい):上まぶたが垂れ下がった状態のこと。

【より固定を強くするには…?】
糸の結び方によっても変わる!

埋没法は、糸の結び方によっても、ホールド力が変わってきます。

糸の結び方に関しては主に「ループ状で結ぶ方法」「小さく点ですくって点で留める方法(結節法)」2つがあります。

(図)

ループ状で結ぶ強く固定することができ、取れにくいというメリットがあります。

ですが、結節法にくらべて腫れやすかったり、(経験が浅い医師がおこなうと)眼球に糸が当たってしまうリスクがあるなどのデメリットもあります。

一方で、結節法は、糸の輪を小さくすること眼球に糸が当たるリスクを減らすとともに、糸の締め付けによる腫れや痛みを軽減できるメリットがあります。

ですが、1箇所あたりのホールド力が弱くなり、つくった二重が取れやすくなるというデメリットもあります。

ちなみに、ここで強度を強くするために数で稼いで補強するのが「◯点留め」という考え方になります。

まぶたが厚かったり、留める幅が大きいほどホールド力が必要なので、点の数が多く必要になります。)

派生系の術式には注意!

クリニックのHPなどを見ていると「複数の糸を絡めて取れにくくする埋没法」などと謳っているものもあります。

ですが、このようなものはキャッチーな広告として使用されているケースが多いので注意しましょう。

たとえば、糸を2~3回ねじったところで、持続力が大きく異なることはありません。

また、結膜と皮膚をたくさん往復させることで取れにくさをアピールしている場合もありますが、このような方法はやり直しをするときの抜糸が大変になることも…。

そのため、キャッチーな広告に惑わされないように注意しましょう。

埋没法の費用の平均・相場

また、費用に関してはクリニックによって異なりますが、片目で約5,000円両目だと7,000円程度から可能であることが多いです。

ですが、二重にするためにまぶたの1か所を留めるのでは不十分の場合、2か所、3か所と個数が増えます。

そうすると費用も2倍、3倍と増えていきます。

また、術後の保証がついているものを選ぶと片目で約50,000円両目だと100,000円近くになる場合もあります。

さらに、糸の結び目が見えないものや、一度作った二重が取れない強度の優れたもの術後の腫れがないものとなると片目で約200,000円両目で約30,000円など金額が上がるので、事前に確認するようにしましょう。

【「切開法」って何?】
切開法の特徴とメリット・デメリット

切開法は、二重にしたいラインを切開し、余分な脂肪を取り除き、内部を処理した後縫い合わせる術式です。

切開法による二重のメリットは、一度手術することで半永久的な二重を手に入れることができる点です。

(埋没法のように後戻りの心配がありません。)

また、腫れぼったいまぶたの場合は、その原因となる脂肪を取り払うことができるのも魅力のひとつです。

ですが、その一方で、切開法は埋没法にくらべてダウンタイムが長くなります。

皮膚を切開すると、その部分の組織がしっかりとするまでは約3週間程度かかるとされています。

そのため、術後3週間のうちに、目をこすったり、他の刺激を与えたりすると出血したり、(ひどい場合は)ラインが乱れたりすることがあります。

また、術後3ヶ月は赤みが出ることもあります。

(しだいに目立くなります。)

切開したときの傷跡に関しては、基本的にまぶたのシワと同化するのでわからなくなりますが、稀に傷跡が目立ってしまう患者さんもいらっしゃるようです。

【効果】
半永久的

【ダウンタイム】
部分切開法・全切開法で異なる
※後ほど説明

【入院】
不要

【通院】
1回(抜糸)

【完成】
およそ6ヶ月

切開法には主に2種類!

(図)

切開法には主に以下の2種類があります。

部分法

全切開法

部分法は、名前の通り部分的に切開する方法で、

埋没法で何回も糸が取れてしまった方

全切開法ではダウンタイムが長すぎるという方

などに向いています。

一方で全切開法は、まぶたの端から端まで切開する術式で、皮膚や筋肉が厚く、たるみがある人に向いています。

切開法は二重のラインを後から変えることは難しい?

切開法の場合、二重のラインの幅を後から変えることがむずかしいことがあります。

(無理に変えるとラインが乱れる危険があります)

また、目元はその日の体調体重時間帯などによって微妙な違いがあります。

そのため、片目ずつ手術をおこなうと、両目をその日におこなう場合に比べて左右差が生じやすくなります。

両目を同じに手術しても完璧に左右対称にすることはできませんが、片目ずつおこなうよりも左右差は小さくし、最小限におさえることができます。

切開法法の費用の平均・相場

費用に関してはクリニックによって異なりますが、部分切開法の費用は平均すると25万円前後になります。

一方で全切開法は、平均すると28万円前後が相場になります。

【特徴やメリット・デメリット総まとめ】
「埋没法」「切開法」の比較一覧表

ここまで埋没法」「切開法(部分切開・全切開法)」について解説してきました。

最後に、これらの術式の特徴メリット・デメリットをまとめますので、これをもとに医師と相談して、術式を決めるようにしましょう。

埋没法 部分切開法 全切開法
切開量 切らない 0.5~2.0mmの場合が多い まぶたの端から端
術後の腫れ わずかにあり 約1週間の強い腫れあり 約1~2週間の強い腫れあり
持続性 約6ヶ月~10年以上
※個人差あり
半永久的 半永久的
メリット ・切る必要なし
・比較的安い
・元に戻すことが可能
・やり直し可能
・ダウンタイムが短い
・少しの切開で済む
・半永久的な二重になる
・半永久的な二重になる
・余分な脂肪を取れる
デメリット ・持続にムラがある ・術後の腫れが大きい
・やり治しの際、微調整になってしまう
・術後の腫れが大きい
・やり治しの際、微調整になってしまう

さいごに

ここまで二重整形の術式それぞれのメリット・デメリットについて解説してきました。

埋没法切開法のどちらがいいかは、ご自身の希望する仕上がりまぶたなどの特徴状態などによって変わってきます。

そのため、基本的には医師としっかりと相談して決めることをおすすめします。

ただ、医師任せにするのではなく、ここでご紹介した知識をしっかりと把握した上で相談することで、ご自身が納得のいくご決断ができるはずです。

ですので、二重の整形を考えている方は、まずはここまでお伝えしてきたことを参考にしてみてくださいね!