脱毛の基礎知識

【超痛いけど脱毛効果はNo.1】ニードル脱毛のメリット・デメリット

美戦士
美戦士
今回は、メンズ脱毛施術の一つである「ニードル脱毛」のメリット・デメリットについてお話していきます。

ニードル脱毛は永久脱毛が可能で、その効果はほかの脱毛施術のなかでトップと言われていますが、その分、痙攣するほどの痛みがあるとも言われています…。

メンズ脱毛には主に以下の3つの施術方法があります。

●医療レーザー脱毛
脱毛クリニックのみ)

光脱毛(フラッシュ脱毛)
エステサロンのみ)

ニードル脱毛
クリニック or エステサロン

このなかで、脱毛効果が最も高いと言われているのは「ニードル脱毛」です。

ただ、脱毛効果が高い分、時間やお金がかかったり、痛みが強かったりなどのマイナス面もあります。

そこで、今回はメンズ脱毛における「ニードル脱毛」のメリット・デメリット、おすすめ脱毛サロンなどをご紹介します。

【ニードル脱毛とは?】
1本1本の毛に電気を流して処理する脱毛法


ニードル脱毛では、一本一本の毛に対して電気を流して、直接「毛乳頭」を破壊する脱毛方法です。

ニードル脱毛は、1875年にアメリカで誕生してから140年以上も経つため、脱毛の中で一番歴史が深く、一番効果がある脱毛方法と言われています。

今は脱毛クリニックでおこなわれる「医療レーザー脱毛」も永久脱毛としてFDA(米国食品医薬品局)に認められていますが、少し前まではこのニードル脱毛が唯一の永久脱毛方法でした。

そのため、脱毛効果は他の脱毛法のなかで最も確実だと言われています。

【ニードル脱毛は針の種類で変わる!】
「美容電気脱毛」「絶縁針脱毛」

ニードル脱毛には、以下の2種類があります。

●美容電気脱毛
(エステサロンで施術)

●絶縁針脱毛
(脱毛クリニックで施術)

以前は以下のようなちがいもありました。

美容電気脱毛→絶縁(※)されていない電気針
絶縁針脱毛→絶縁針

※絶縁:電流が伝わるのを断ち切ること。

【出典】永久脱毛 | 横浜ベイクリニック

ただ、最近では、安全性向上のため、どちらもほとんどのケースで「絶縁針」が用いられています。

この2つの大きなちがいがあるとすれば、それは施術前に「血液検査をするかどうか」です。

医療機関であるクリニックの場合は、施術前に血液検査がおこなわれます。

一方で、エステサロン(脱毛サロン)では、血液検査はおこなわれません。

感染症防止のためにクリニックでは血液検査がありますが、その際に数千円〜1万円程度追加料金が発生するので把握しておきましょう。

【非絶縁針と絶縁針のちがいは?】

非絶縁針(針の先端以外が絶縁されていない針)だと、毛乳頭以外の部分にも通電し、ヤケドや肌荒れをする危険が高まります。

そのため、非絶縁針のニードル脱毛は、低出力での施術になるため、時間がかかる上に脱毛効果も低くなります。

一方、絶縁針は先端以外の部分が絶縁されているので、肌へのダメージを最小限に抑え、効率よく脱毛できます。

【ニードル脱毛は主に3種類!】
「電気分解法」「高周波法」「ブレンド法」

ニードル脱毛には、以下の3つの施術方法があります。

脱毛サロンなどによって用いられる方法は変わります。

そのため、3つの施術方法がどのような仕組みになっているか、簡単に確認しておきましょう。

■電気分解法

毛穴に差し込んだ針に直流の弱電流を流すことによって組織液を電気分解します。そして、その電気分解作用でできるアルカリ液(水酸化ナトリウム)によって発毛組織を破壊し永久脱毛を達成する方法になります。

■高周波法

毛穴に差し込んだ針に高周波の電気を流すことで、発毛組織を凝固させて機能させなくする方法です。電気分解法に比べて処理時間が早いというメリットがあります。

■ブレンド法

高周波法と電気分解法のそれぞれの良い点を生かし、欠点を補い合いながら2つの脱毛方法を組み合わせる方法です。この「ブレンド法」が主流となっており、単に「電気脱毛」という場合には、このブレンド法を指すケースが多いです。

【ニードル脱毛はこんな方におすすめ!】
ニードル脱毛のメリット・デメリット

ここまで、ニードル脱毛の仕組みや種類についてご紹介してきました。

ここからはニードル脱毛のメリット・デメリットなどについてご紹介していきます。

ニードル脱毛のメリット

ニードル脱毛のメリットは以下の7つです。

□脱毛効果が非常に高い(永久脱毛が可能)

□施術当日に脱毛効果を実感できる

□日焼け肌やシミ・ほくろがあってもOK!

□白髪や産毛にも対応

□毛周期に関係なく脱毛可能!

□1本単位の細かいヒゲデザインができる!

□施術前に自己処理する必要なし!

ニードル脱毛は、他の脱毛法のなかで、最も脱毛効果が高い方法です。

また、過度な日焼けなどがあると医療レーザー脱毛では脱毛できないことがありますが、ニードル脱毛であれば、日焼けしていても、シミやホクロがあっても問題なく脱毛できます。

また、レーザー脱毛だと、毛周期などを気にする必要がありますが、ニードル脱毛は毛周期に関係なく、いつでも脱毛できます。

さらに、ニードル脱毛は1本1本アプローチできるので、その場で脱毛効果を感じることができ、細かな調整やデザインもできます。

ニードル脱毛のデメリット

ニードル脱毛のデメリットは以下の7つです。

□施術時の痛みがかなり強い

□施術後に赤みや毛嚢炎などの肌荒れが起きやすい

□施術当日は最低2~3㎜髭の長さが必要

□施術時間が長い

□料金が本数や時間に比例して費用が高くなる

□ニードル脱毛を導入しているクリニック・サロンが少ない

ニードル脱毛は、脱毛効果が高い分、痛みがかなり強いです。

※麻酔をしても痛みは強いです。

また、ニードル脱毛に限らず、脱毛後に肌が赤みを帯びたり、肌荒れがおきたりなどののリスクも高いです。

また、脱毛当日は、最低でも2~3mmの長さが必要になります。

料金に関しては1本103~108円程度のため、毛量が多いほど高額になり、施術時間もかかります。

また、ニードル脱毛を導入している脱毛クリニックやサロンが少ないのも一つのデメリットです。

ニードル脱毛はこんな方におすすめ!

ニードル脱毛のメリット・デメリットも踏まえ、ニードル脱毛は以下のような方におすすめです。

□痛みにつよい方
□日焼け、シミ・ホクロが多い方
□脱毛効果を確実に感じたい方
□永久脱毛したい方
□自分のペースで脱毛したい方

【ニードル脱毛の価格は高い!】
1本あたり103~108円程度の料金体系

ニードル脱毛の料金は高いです。

料金は1本あたりの値段になるので、毛量が多いほど料金も高くなります。

そのため、価格に関しては一概に言えませんが、薄い人で40万円くらいで、濃い人であれば100万円を超えることもあります。

そのため、ニードル脱毛をしようと考えている方は最初のカウンセリングなどでどのくらいの料金になるかをしっかりと聞いてみることが大切です。

また、1本ずつアプローチするため、1回の施術時間も長くなります。

そのため、忙しいサラリーマンの方などは、施術時間や施術期間についてもしっかりと尋ねるようにしましょう。

ニードル脱毛を受けた方の実際の口コミ

現在は文句なしのツルツルです。

根に針を差し込んで、空気を送って毛穴を広げながらやりました。

かなりの激痛で、はじめの何回かはあまりの痛さに号泣してしまいました。

ただ、一定期間がんばったお陰で現在は文句なしのツルツルです。

施術者によって技術の差がある。

エステでニードルをやるのであれば、若い施術者ではなく、年配の熟練スタッフを指名するのがおすすめです。

痛さがまったく違います。

上手い人だと、ニードルが挿入されたことに気がつきませんが、その逆も然りです。

針脱毛の効果はピカイチです。

針脱毛の感想は、とにかく痛い、長い、痛い、痛いといった感じです。

やっている途中はまさに拷問でした。

ただ、針脱毛の効果はピカイチです。
なので、一長一短ですね…。

【ニードル脱毛導入!】
おすすめのメンズ脱毛サロン

ここではニードル脱毛を導入しているおすすめのメンズ脱毛サロンをご紹介します。

ニードル脱毛を考えている方は、ぜひ以下のクリニックを検討されてみるとよいと思います。

メンズTBC

メンズTBCは、脱毛効果の高いニードル脱毛で数々の男性の方のヒゲや体毛を脱毛してきています。

その満足度は高く、痛みが強いという声は見られますが、脱毛効果は高い評価を得ています。

また、メンズTBCにはおすすめポイントが3つあります。

①1,000円で受けられる脱毛体験

メンズTBCでは、部位に関係なく初回脱毛を1,000円で体験することが可能(※)。

※150本の毛を脱毛

②細かい毛量調整・自然な仕上がりが可能!

1本1本の毛にアプローチするニードル脱毛だからこそ、ご自身の好みに応じて細かく毛量を調整することが可能。

③プロフェッショナルによるカウンセリング

MEN’S TBCではプロのエステティシャンが無料カウンセリングを実施し、肌質、毛の太さ、長さ、量、生え方などを見極めて、一人ひとりに最適なプランを提案。

【美容ライト(光)脱毛】
[ボディSパーツ]
手の甲・指:4,650円

【ニードル脱毛(美容電気脱毛)】
★:ビジター価格
☆:メンバー価格
※1本につきの価格

<EZ02エピ-M(カラダ専用)>
★130円/本
☆108円 本

【北海道・東北エリア】
北海道
青森県
宮城県

【関東・信越エリア】
新潟県
神奈川県
埼玉県
千葉県
茨城県
群馬県
長野県

【東京エリア】
千代田区
中央区
港区
渋谷区
台東区
墨田区
荒川区
足立区
葛飾区
江戸川区
中野区
杉並区
練馬区
品川区
目黒区
大田区
世田谷区

豊島区
北区
板橋区

《北陸エリア》
石川県

《東海エリア》
愛知県
静岡県

《関西エリア》
大阪府
京都府
兵庫県

《中国・四国エリア》
岡山県
広島県

《九州・沖縄県》
福岡県
沖縄県

公式サイトはこちら

>>メンズTBCメンズの口コミはこちら

ダンディハウス

ダンディハウスはミスパリが運営するメンズサロンで、全国に61店舗、台湾やシンガポールなど海外にも6店舗も展開しており、数多くの実績があります。

ダンディハウスでは、ニードル脱毛(美容電気脱毛)を扱っていて、店舗によってはライト脱毛も扱っています。

また、ダンディハウスにはおすすめポイントが3つあります。

①徹底した施術のクオリティ管理

全サロンに美容脱毛師の有資格スタッフを配置しており、業界初の「ISO9001認定(国際品質保証規格)」も取得しているため施、施術の質が高い。

②豊富なデザインの対応力

ダンディハウスでは、脱毛クリニックとちがって、細部まで微調整が可能で、肌色に関係なく脱毛できるため、それぞれの目的や好みに応じて選ぶことが可能

③自然な仕上がりにできる「ライト脱毛×ブレンド法」

ダンディハウスは「ライト脱毛×ブレンド法」を用いているため、毛量を調整して自然な仕上がりにできる。

【光脱毛対応店】
銀座本店
新宿本店
渋谷宮益坂点
池袋店
名古屋駅前店
梅田本店
なんば点

【その他】
札幌パルコ店
仙台ロフト店
新宿東口店
上野店
Luz自由が丘店
丸井錦糸町店
吉祥寺店
町田店
グランデュオ立川店
川崎ルフロン店
テラスモール湘南店
浦和パルコ店
大宮店
新所沢パルコ店
そごう千葉ジュンヌ店
柏髙島屋ステーションモール店
けやきウォーク前橋店
イーアスつくば店
静岡パルコ店
イオンモール浜松市野店
名古屋栄本店
名古屋パルコ店
ヒルトン名古屋店
イオンタウン有松店
イオンタウン千種店
堺タカシマヤ店
なんばパークス店
くずはモール店
天王寺店
京橋京阪モール店
阪急西宮ガーデンズ店
神戸店
京都店
ならファミリー店
広島パルコ店
イオンモール岡山店
福岡天神店
アイム小倉店

公式サイトはこちら

>>ダンディハウスの口コミはこちら

ニードル脱毛についてのよくある質問

ここでは、ニードル脱毛についてのよくある質問をご紹介します。

そのため、ニードル脱毛について不安や疑問がある方は参考にしてみてくださいね。

ニードル脱毛は医療行為では?
サロンでの施術は違法ですか?

ニードル脱毛は永久脱毛であり、医療行為です。

ただ、特例により一部の脱毛サロンでは施術がおこなわれています。

ニードル脱毛は、厚生労働省が出した通達の中では「医業」とされています。

医業は、医師法の第17条で『医師でなければ、医業をなしてはならない。』とされているので、脱毛サロンでのニードル脱毛も以前は違法とされていました。

ただ、平成9年の小泉元首相の発言により、「自主的な技術の向上を行い、健康被害も報告されていない脱毛サロンは、取締の対象とはならない」という結論に至りました。

現在ニードル脱毛を行っている大手脱毛サロン(ダンディハウス・メンズTBCなど)は、社内資格や研修がとても充実しているので、違法性はありません。

個人経営の脱毛サロンでは、違法性の高いニードル脱毛を行っている可能性があるので注意しましょう。

タトゥー・刺青が入っていても脱毛できますか?

はい、脱毛できます。

タトゥー・刺青は黒いため、メラニン色素への反応を利用する光脱毛や医療レーザー脱毛では、脱毛することができません。

でも、ニードル脱毛はメラニン色素と関係なく脱毛できるため、タトゥー・刺青があっても脱毛できます。

何回くらい脱毛すればツルツルになりますか?

回数は個人差があります。

光脱毛やあらかじめ決まった本数または決まった時間の施術となります。

髭の本数も2万~3万本とかなり個人差があるので、ニードル脱毛の回数は人それぞれです。

おおまかな目安であれば、5回~40回程度に収まることが多いと言われています。

一度に全部脱毛することはできますか?

一度に全て脱毛することはできません。

ご自身の肌の負担にならないペースで脱毛をしてくれます。

施術後に腫れたり、赤みを帯びたりしますか?

個人差がありますが、施術後1週間ぐらいは赤く腫れあがることが多いです。

ただ、一定期間を経ればきれいになります。

ほくろの毛にもニードル脱毛は有効ですか?

はい、有効です。

ニードル脱毛は、毛の色や場所はほとんど関係ありません。

ほくろに生えた毛も脱毛できますし、白髪や産毛の脱毛にも有効です。

さいごに

ここまでニードル脱毛のメリット・デメリット、仕組みなどについてご紹介してきました。

ニードル脱毛では、さまざまなメリットがある分、逆にデメリットもあります。

また、最初から全ての髭をニードル脱毛するのではなく、光脱毛や医療レーザー脱毛で一通り脱毛してから、残ったムダ毛だけニードル脱毛で処理するのも一つの方法です。

そのため、ニードル脱毛の仕組みや効果を理解した上で、ご自身にぴったりだと思ったら、ニードル脱毛をやってみましょう。

また、肌トラブルなどのリスクを極力なくし、確実な脱毛効果を得たいという方は「医療レーザー脱毛」もおすすめです。

医療レーザー脱毛は、クリニック(医療機関)でしかできない脱毛法であり、医師が常にいるため、万が一肌トラブルが起きても、すぐに適切な処置をしてくれます。

また、ニードル脱毛に比べると痛みは少なく、かつ麻酔を用意しているクリニックが多いため、一般男性であれば耐えられる痛みで確実な脱毛ができる点もおすすめです。

これらを踏まえて、医療レーザー脱毛について詳しく知りたいという方は以下の記事もあわせて読んでみてくださいね!

【男の脱毛マニュアル】メンズ脱毛の通院期間や回数、部位ごとの価格脱毛部位や肌質、ヒゲの濃さで個人差がありますが、脱毛完了までに通う期間は「約1~2年」、回数は「5回~8回程度」になります。ただ、脱毛効果は2,3回くらいで感じる方が多いです。この記事ではメンズ脱毛の「期間・回数」について解説しています。...