脱毛の基礎知識

【男の脱毛マニュアル】メンズ脱毛の通院期間や回数、部位ごとの価格

美戦士
美戦士
今回は、メンズ脱毛をするにあたって、脱毛が完了するまでの「期間・回数」についてお伝えしていきます。

メンズ脱毛をするだ男性は増えており、特に毎日のヒゲ処理をめんどくさく感じている男性や清潔感を出すために体のムダ毛をなくしたいと思っている男性が脱毛することが多いです。

ただ、「脱毛しようかな…」と考えている男性が最も気にする点が、脱毛クリニックなどに通う「期間・回数」です。

残念ながら、2,3回だけ通ってレーザー照射をうけて、脱毛完了というふうにはいきません。

基本的には、脱毛部位や肌質、ヒゲの濃さで個人差がありまが、脱毛が完了するまでに通う期間はトータルで「1~2年」、回数は「5回~8回程度」になります。

ただ、脱毛効果自体は2,3回くらいで感じる方が多いです。

そこで、今回はヒゲや体のムダ毛の脱毛を考えているあなたに、メンズ脱毛をするときの「期間・回数」について解説していきます。

ご自身などのスケジュールや仕事の状況などをふまえた上で判断材料のひとつにしてみてくださいね。

【大前提】永久脱毛がができるのは、
医療機関「脱毛クリニック」のみ。

大前提として、「(永久)脱毛」ができるのは医療機関である「脱毛クリニック」のみです。

まず、自宅でおこなう以下のセルフ処理では「脱毛」は不可能です。

・カミソリ
・除毛クリーム
・ブラジリアンワックス
・家庭用脱毛器
など

家庭用脱毛器についても、名前のなかに「脱毛」という言葉が入っていますが、レーザー照射のパワーが少なく、永久脱毛することはできません。

また、脱毛をする機関には、「脱毛クリニック」「脱毛(エステ)サロン」の2つがあります。

ただ、この2つは全くちがいます。

大きな違いは以下の2つです。

医療機関かどうか
永久脱毛が可能かどうか

脱毛クリニックは医療機関であるため、医師が診察したり、有資格者が脱毛施術をおこないます。

一方で脱毛サロンでは無資格者でも施術が可能で、医療機関ではないため医師はいません。

また、永久脱毛が可能なのは脱毛クリニックのみです。

脱毛(エステ)サロンは、「光脱毛」「フラッシュ脱毛」などの光エネルギーを使った脱毛をおこないますが、法律上は「再生することを前提とした減毛・除毛」とされています。

一方で脱毛クリニックがおこなう「レーザー脱毛」「医療レーザー脱毛」と言われる脱毛は、強力な光エネルギーを照射し、毛根にダメージを与えることで毛の再生を防ぎます。

つまり、本当の意味での「(永久)脱毛」が実現できるのは脱毛クリニックのみなのです。

そのため、脱毛をしようと考えている方は脱毛クリニックをおすすめします。

また、ここからご紹介する期間・回数は脱毛クリニックでの治療を前提にお話していきます。

ちなみに、脱毛クリニックと脱毛サロンのちがいをもっと知りたいという方は以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

メンズ脱毛クリニックと脱毛サロンのちがいとメリット・デメリット!メンズ脱毛クリニックと脱毛エステサロンには大きな違いがあります。また、それぞれにはメリット・デメリットがあります。そのため、しっかりとこの2つの違いを理解した上で、ご自身の目的や優先順位にあった方を選び、納得のいく脱毛施術を受けましょう。...

脱毛完了までの期間は「約1~2年」
脱毛回数の目安は「4~8回」

脱毛クリニックで脱毛を施術を受ける場合、脱毛が完了するまでに必要な期間は平均して「約1~2年」です。

また、その期間に通う回数は「4~8回」程度になります。

もちろん、毛の濃さや肌質、脱毛部位などによって変わってくるため、個人差があります。

ただ、2,3回通っただけで効果を実感できる方もいらっしゃいます。

そのため、あくまでのここでご紹介した期間や回数は「脱毛完了」、つまり脱毛クリニックに通い終えるまでの期間です。

脱毛を検討している方は、まずトータルの期間や回数の目安について把握しておくようにしましょう。

「10~14週」の間隔をあけて通院。
脱毛は「毛周期」に合わせておこなう。

脱毛期間が1~2年かかるのに対して、クリニックへ通う回数は「4~8回」程度と比較的少なくなっています。

その理由は、脱毛施術は毛周期にあわせておこなわれるからです。

脱毛は「成長期」に合わせておこわれる。

ヒゲやムダ毛などを含めた体毛には「毛周期」と呼ばれるサイクルがあります。

そして、その毛周期には以下の4つの段階があります。

【引用元】毛周期とは?|リゼ

①成長期(2~6年)

毛が活発に成長を続け、うぶ毛から軟毛(なんもう)、硬毛(こうもう)と徐々に毛を太くさせていく時期です。

②退行期(2~3週間)

成長はほぼ終わった状態になります。

毛母細胞は生成した毛から分離をし始め、毛が抜け出していきます。

③休止期(2~3ヶ月)

毛の成長は完全に止まり、あとは毛が自然に抜けるのを待っている状態です。

④終期

毛が抜けて、毛母細胞が次の毛をつくる準備期間になります。

そして、医療レーザー脱毛で効果が期待できるのは、この3つのうちの「成長期」の毛のときです。

そのため、1回脱毛施術をおこなったら次の施術まで「10~14週」の間隔をあける必要があります。

※成長期を正確に見極めるのはむずかしい※

「『成長期』って見分けられるの?」

と考えた方もいるかもしれません。

たしかに成長期を正確に見極めることはむずかしいです。

なぜなら毛周期は個人差があり、大きくバラつきがある上に、部位によっても周期の差(数週間~数年)が異なるからです。

実際、各部位の毛周期を調べた研究データによると、人種や研究施設によって毛周期の違いがあることがわかっています。

短期間で施術回数を増やしても意味なし

短い間隔で照射回数を増やすことは可能ですが、そうすると毛周期を無視した施術となるたため、効果がありません。

また、実際に、某クリニックが施術感覚を2~3週間にして照射をおこなったところ、以前と比較し毛が抜け落ちなかったという結果もあります。

そのため、毛周期の成長を待つことが、より効率的な脱毛方法となるので、短期間で脱毛施術の回数を増やしても効果はほとんど見込めません。

つまり、毛周期にあわせた施術をすることが脱毛効果を最大限引き出すうえで重要になってきます。

【脱毛は季節の選択も重要】
脱毛するなら秋・冬がベスト!

脱毛するのであれば、季節を選ぶのも重要になってきます。

脱毛するのに最適な季節は「秋冬」だと言われています。

その理由は主に以下の4つです。

□毛周期に適した脱毛ができる
□秋冬は紫外線が少ない
□夏など露出が多い季節に合わせて脱毛できる
□予約が取りやすい

脱毛をするのに秋冬がおすすめな理由は以下の記事で詳しく解説しているので、気になる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

メンズ脱毛の最適な時期・季節は「秋~冬」!その理由を徹底解説。男性が脱毛するのにベストな時期は、効果が出る時期や毛周期などの点から考えると「秋、または冬」になります。この記事では、秋・冬に合わせて脱毛することで、その効果を最大限引き出したり、余計な肌トラブルを防いだりできる理由を解説しています。...

脱毛効果を最大限引き出す!
日頃から継続したいケア3選

より短期間で効果を実感するためには、「健康的な肌」に整えておく必要があります。

また、そのためには日頃のケアが大切になります。

脱毛効果を最大限引き出すことができれば、通院期間や施術回数が少なく済むこともあります。

そこで、健康的な肌を整え・維持するために、以下の3つのケアをしっかりと取り入れるようにしましょう。

日焼け対策を徹底する
清潔なシェービング
しっかりとした保湿ケア

では、それぞれについて、もう少し詳しく見ていきましょう。

✓清潔なシェービング

日常で使用されるシェーバーは清潔に保つようにしましょう。

具体的には、湿度の高いお風呂場での保管は控え、洗面台など乾燥した場所に保管するようにしましょう。

また、電気シェーバーなどで丸ごと洗えるものは、こまめに洗うようにしましょう。

ちなみに、毎日の髭剃りは着実に肌にダメージを与えます。

そのため、脱毛をしない場合にも、シェービングの方法はしっかりと見直してみましょう。

ヒゲを剃ると毎回肌荒れしたり、血が出るという方は以下の記事で、肌へのダメージを最小限に抑えるシェービングについて解説しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【肌が弱い方必見!】肌にやさしく深剃りするシェービングの秘訣【続きはこちら】

✓ていねいな保湿ケア

普段のスキンケアでしっかりと保湿ケアをすることで、より脱毛の効果を感じやすくなります。

また、保湿されたお肌は脱毛に最適な状態です。

ただ、よく誤解されいる方がいますが、化粧水で保湿はできません。

化粧水は、そのほとんどが水で、そのみずみずしさを保湿と勘違いしている方が多くいらっしゃいます。

保湿ケアをしっかりとするには、有効な保湿成分である「セラミド」などが配合されている必要があります。

ただ、セラミドは脂質なので、水溶性である化粧水とは相性が悪いです。

そのため、(保湿)美容液という形で肌に摂取することが大切です。

また、保湿ケアは脱毛にかかわらず、スキンケアの中核です。

そのため、脱毛するしないにかかわらず、しっかりと毎日のケアに取り入れましょう。

保湿美容液の選び方やポイント、私が推奨する保湿美容液に関しては以下の記事で丁寧に解説しているので、保湿ケアに自信がない方はかならず読んでくださいね。

【セラミド配合】おすすめメンズ保湿美容液3選【続きはこちら】

✓日焼け対策を徹底する

極端な日焼けして黒くなってしまった肌は、レーザーを照射したときにヤケドのリスクが高まります。

そうなると、レーザーの照射パワーを低くしたり、最悪の場合、脱毛施術を受けられなくなります。

そのため、なるべく日頃から日焼けグッズを活用して、紫外線から肌を守るようにしましょう。

また、特に長時間直射日光に当たるレジャーなどのときは、日焼け止めだけでなく、サングラスや帽子など可能なかぎり紫外線対策をしましょう。

紫外線対策(日焼け対策)については以下の記事で詳しくご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【5年後のシミを防ぐ】男性の日焼け対策方法【続きはこちら】 

また、そのほかにも脱毛前に知っておきたい注意点やリスクがあり、それについては以下の記事で詳しく解説しているので、脱毛クリニックにお世話になろうと考えている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

【メンズ脱毛】ヒゲ脱毛前に絶対知っておくべき10の注意点とリスク最近では男性でも脱毛クリニックやサロンで脱毛する方が増えています。ただ、脱毛クリニックなどで施術を受ける際に、前もって絶対に知っておくべき注意点やリスク、肌トラブルがあります。そのため、脱毛を考えている方はこれらの点を理解しておきましょう。...

【よくある質問】脱毛の「期間・回数」

ここでは、脱毛クリニックでの「期間・回数」について、よくある質問をご紹介しします。

ご自身が疑問や不安を感じていることがあるかもしれないので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

どのくらいの回数で効果が表れますか?

早い方で2~3回、遅い方でも5回~10回程度の照射で高い効果を感じることができます。

ただ毛量・毛質には個人差がありますので、通院回数は人によって異なります。

また、部位によっても施術回数の目安は異なる場合があるので、カウンセリングのときなど専門スタッフに聞いてみるようにしましょう。

トライアル脱毛1回だとどれくらい効果を持続できますか?

トライアル脱毛のような一度だけの照射で脱毛効果を維持することはむずかしいです。

トライアル脱毛は、効果よりも痛みがどれくらいか、肌へのダメージが出ないかなどを知るためのものです。

つるつるではなく全体的に薄くできますか?

全体的に薄くすることはできます。

男性の中には、「すべての毛を脱毛してツルツルにする」というニーズ以外にも、「人並みの毛量に調整したい」という方もおおくいらっしゃいます。

施術回数については、毛量・毛質によって個人差があるので、気軽に専門スタッフに質問してみましょう。

短い期間で照射回数を増やすのは可能ですか?

先にもお伝えしたように毛周期の関係上、短い期間で照射をおこなっても効果がありません。

短い間隔で照射回数を増やすことはできますが、そうすると毛周期を無視した施術となり、効果を見込めません。

そのため、毛周期の成長期に合わせて脱毛することが効率的な脱毛方法になります。

毛の濃さによって脱毛回数に違いはありますか?

はい、あります。

また、毛量以外にも毛質・肌質など、個人ごとによって脱毛回数は異なります。

脱毛は、すべての人に同じ方法でおこなっても、全員に同じ効果を得られるわけではありません。

一般的には毛が濃い人ほど施術回数を多くなります。

ただ、毛が濃い方がレーザー脱毛の効果を体感しやすい傾向があるというメリットもあります。

1日で全身すべてを照射することはできますか?

1日ではすべての部位の照射をすることはむずかしいです。

基本的に2,3日に分けて照射をおこないます。

また、長時間にわたって脱毛をおこなうことで、施術を受ける方の気力の疲れが大きくなることもあります。

そのため、体に過度な負担をかけないためにも、全身脱毛は数回に分けて照射をおこなわれます。

さいごに

ここまで脱毛クリニックでの通院期間や回数について見てきました。

施術期間は約1~2年と長いと思われるかもしれませんが、通院間隔が10~15週でトータルで通う回数は4~8回程度です。

また1回の施術時間も極端に長いわけではありません。

そのため、ご自身で繰り返し処理する時間などのコストを考えると、脱毛クリニックに一定期間通う方法もありだと思います。

特にビジネスマンの方は忙しいからこそ、長期的な視点で見て、早めに脱毛を完了させることをおすすめします。

また、脱毛は部位ごとに施術回数や期間が変わってきます。

そのため、脱毛クリニックを検討している方は、以下の記事でご自身が希望する脱毛部位を選び、そこからクリニックを選んでみてくてくださいね。