ニキビ

【男性肌の4種類のニキビ跡】種類別のニキビ跡の原因と正しいケア方法

美戦士
美戦士
ニキビが治っても、赤みがだけ取れない…

ニキビがあった部分が凹んで目立つ…

今回はニキビ跡の種類ごとに正しいケア方法についてご紹介していきます。

ニキビ男性を悩ます肌トラブルの一つですが、その後ろにもう一つ隠れている肌トラブル、それがニキビ跡です。

また、ニキビ跡といっても、一種類だけではありません。

赤みが残るニキビ跡からシミになったり、凹凸になったりと、主に4つの種類があります。

さらに、それぞれのニキビ跡によって、自宅でのホームケアで改善できるものもあれば、クリニックなどに通ったほうがいいものもあります。

そこで、今回は、男性のニキビ跡の種類とそれぞれの正しい対策・ケア方法をご紹介します。

そのため、ニキビ跡に正しいケアでアプローチして、なるべく早く、かつ、きれいに治したい方はチェックしてみてくださいね。

【あなたはどのニキビ跡?】
ニキビ跡の主な4つのタイプ

ニキビ跡には主に以下の4つのタイプがあります。

A:赤みが残るタイプ

B:シミが残るタイプ

C:陥没が残るタイプ(クレーター)

D:肥厚性瘢痕(ひこうせいはんこん)

それぞれのタイプについて、特徴を説明していくので、ご自身のニキビ跡がどのタイプなのかを特定しましょう。

また、複数のタイプに当てはまることもあるので注意しましょう。

A:赤みが残るタイプ

ニキビ跡で最も悩んでいる方が多いのが赤みが残るタイプのニキビ跡です。

これは、ニキビが腫れて赤くなった後に、治って平らになったのにもかかわらず、赤みだけがいつまでも引かないで残るタイプです。

このように赤みが残ると、ニキビ自体は治っていても、見た目自体はニキビが肌上にたくさんあるように見えてしまいます。

また、個人差はありますが、この赤みは人によって3年以上続くこともあります。

さらに、赤みが残っている状態で日光が当たってしまうと、メラニン生成が促され、シミになって残ることがあります。

B:シミが残るタイプ

このタイプは、ニキビができた後に、黒いシミになって残るタイプのもので、炎症性色素沈着(※)の一種です。

顎など顔の下半分は皮膚が厚く、血行が悪いため、特にこの色素沈着によるニキビ跡になりやすいと言われています。

また、年単位で薄くなっていくことが多いですが、日に当たると余計に濃くなり、消えにくくなることがあるので注意しましょう。

そのため、ニキビ跡がある方は日焼け止めなどによるこまめな紫外線カットケアも必要です。

C:陥没が残るタイプ(クレーター)

これはクレータータイプのニキビ跡で、ブラックマ◯ネーズの吉田さんなどにみられるニキビ跡です。

このタイプはニキビ跡のなかでも最も手強いです。

クレータータイプのニキビ跡は、ニキビができたときに毛穴の周りの皮膚にまで炎症がおよび、皮膚が溶けるようにしてなくなってしまうのが特徴です。

つまり、皮膚が一部なくなった状態なので、完全に修復して、きれいで凹凸のないツルツルな肌にするのはむずかしいです。

また、年齢とともに肌のハリ・弾力が低下すると、陥没部分がより凹み、それが連なってシワのように見えることもあるので、早めの治療が必要です。

D:肥厚性瘢痕(ひこうせいはんこん)

これは、ニキビ跡が盛り上がって残ってしまうもので、顎とその下、首に近い部分にできやすいのが特徴です。

これは、ケロイド(※)のようなもので、体質的にできやすい人がいます。

※皮膚に傷がついたとき、それが治ったあとに皮膚が盛り上がってしまう体質な人がいて、その重度物ケロイド軽度のもの肥厚性瘢痕といいます。

このタイプは、ニキビが治った直後に盛り上がることもあれば、数週間経ってから盛り上がってしまうこともあります。

手で触るとコロコロとした硬いしこりのようなものが皮膚のなかにあるのが特徴です。

よく、膿や皮脂が詰まっていると誤解し、手で無理やり押し出そうとする人がいますが、余計に悪化するので気をつけましょう。

もし、何かが詰まっているのか、それとも肥厚性瘢痕(ひこうせいはんこん)なのか判断できない場合は皮膚科へ行くことをおすすめします。

【タイプによって対策ケアが異なる!】
4つのタイプ別にみる正しい対策ケア

ご自身のニキビ跡がわかったところで、A~Dの4つのニキビ跡のそれぞれのケア方法をみていきましょう。

ご自身に当てはまるニキビ跡のケア方法をしっかりチェックして、今日からケアに取り入れるようにしましょう。

A:赤みが残るタイプ

Aタイプのニキビ跡には、以下のケアが必要です。

ビタミンC誘導体の化粧水

ビタミンCイオン導入(クリニック)

メンズコンシーラーで一時的にカバー

日焼け止めなどによる紫外線ケア

それぞれのケアについて、もう少し詳しく見ていきましょう。

◎ビタミンC誘導体の化粧水

まずは、日々のケアにビタミンC誘導体配合の化粧水を用いるようにしましょう。

ビタミンC誘導体には、抗酸化(抗老化)作用や、肌のターンオーバーの促進などの効果があります。

そのため、日々の洗顔後にビタミンC誘導体配合の化粧水を取り入れることで、ニキビ跡の赤みの解消を早めることができます。

ビタミンC誘導体配合の化粧水に関しては以下の記事でご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【おすすめメンズ化粧水5選】男のメンズ化粧水の選び方と正しい使い方男性は間違った化粧水を選んでいる場合がほとんどです。化粧水に「保湿効果」はなく、美容液の有効成分を肌に届きやすくするのが本来の役割です。この記事では、化粧水の正しい選ぶときにチェックしてほしい有効成分やおすすめの化粧水をご紹介しています。...

◎ビタミンCイオン導入(クリニック)

ビタミンCイオン導入は、ビタミンCを電気の力で肌に浸透させるものです。

穏やかな治療肌が弱い方でも問題なく治療を受けることができます。

イオン導入用美顔器を使用すれば自宅でもできますが、効果を確実に得るならクリニックでの治療がオススメです。

ビタミンCイオン導入を週に1~2回3~6ヶ月程度続けると、ニキビの赤みを薄くするのに有効です。

◎メンズコンシーラーで一時的にカバー

これはあくまでも一時的なケアに過ぎませんが、どうしても他の人の目線が気になったり、きれいな肌に見せたいシチュエーションでは、メンズコンシーラーを使用して、ニキビをピンポイントでカバーすることができます。

そのため、友達の結婚式デート商談などを控えている場合は一時的にメンズコンシラーでカバーするのも一つの方法です。

メンズコンシーラーに関しては以下の記事でご紹介しているので、気になる方はチェックしてみてくださいね!

https://beauty-soldiers.com/mens-makeup/men-concealer/

◎日焼け止めなどによる紫外線ケア

ニキビ跡の赤みに日光が当たることで、シミのような形で肌に余計に残りやすくなります(炎症性色素沈着)

そのため、赤みのあるニキビ跡が肌上にある場合は、しっかりと紫外線カットケアをするようにしましょう。

そうすることで、赤みがシミになって肌に残ることを防ぐことができます。

男性の紫外線ケアについて
は以下の記事で詳しく解説しているので、チェックしてみてくださいね!

【男の日焼け対策】シワ・シミ、日焼けを徹底的に抑える紫外線ケア!紫外線対策は男性の肌を悩ませるシミやシワの原因になります。また、日々紫外線を浴びることでダメージは着実に蓄積され、いずれ肌トラブルとなって現れます。この記事では10年後も恥ずかしくない肌を維持するための紫外線対策方法について解説しています。...

B:シミが残るタイプ

Bタイプのニキビ跡には、以下のケアが必要です。

ピーリング

ビタミンCイオン導入(クリニック)

メンズコンシラーで一時的にカバー

日焼け止めなどによる紫外線ケア

それぞれのケアについて、もう少し詳しく見ていきましょう。

◎ピーリング

ニキビ跡のシミを炎症性色素沈着といったりしますが、この炎症性色素沈着に最も効果的なケアとして「ピーリングがあります。

ピーリングとは、「皮をむく」という意味で、美容では肌表面の角質を取ることを意味しています。

老化とともに肌の表面の角質は厚くなって、肌の代謝(生まれ変わり)を妨げてしまいます。

そのため、ピーリングによって余計な角質を除去することで、肌を若返らせることができます。

また、ピーリングをおこなうことで、シミが薄くなる効果が期待できるほかに、毛穴の詰まりにくくすることができるので、ニキビの予防にもなります。

そのため、ニキビ跡に悩んでいる男性はもちろん、ニキビができやすい方も定期的にケアに取り入れることをおすすめします。

ピーリングの正しいやり方やピーリング剤に関しては以下の記事で詳しく解説しているので、シミのようなニキビ跡で悩んでいる方はぜひチェックしてみてくださいね。

【男のスキンケア】肌のシワやシミ、ニキビを解消するピーリングケア肌のピーリングは、古い角質を外に押し出し、新しい肌に生まれ変わらせる働きがあります。ピーリングは小じわやシミ、ニキビなどに効果的で、自宅でもケアできます。この記事ではピーリングの正しい方法やおすすめのピーリング化粧品をご紹介しています。...

◎ビタミンCイオン導入(クリニック)

ビタミンCイオン導入は、ビタミンCを電気の力で肌に浸透させるものです。

穏やかな治療肌が弱い方でも問題なく治療を受けることができます。

イオン導入用美顔器を使用すれば自宅でもできますが、効果を確実に得るならクリニックでの治療がオススメです。

ビタミンCイオン導入を週に1~2回3~6ヶ月程度続けると、ニキビの赤みを薄くするのに有効です。

◎メンズコンシーラーで一時的にカバー

これはあくまでも一時的なケアに過ぎませんが、どうしても他の人の目線が気になったり、きれいな肌に見せたいシチュエーションでは、メンズコンシーラーを使用して、ニキビをピンポイントでカバーすることができます。

そのため、友達の結婚式デート商談などを控えている場合は一時的にメンズコンシラーでカバーするのも一つの方法です。

メンズコンシーラーに関しては以下の記事でご紹介しているので、気になる方はチェックしてみてくださいね!

https://beauty-soldiers.com/mens-makeup/men-concealer/

◎日焼け止めなどによる紫外線ケア

ニキビ跡の赤みに日光が当たることで、シミのような形で肌に余計に残りやすくなります(炎症性色素沈着)

そのため、赤みのあるニキビ跡が肌上にある場合は、しっかりと紫外線カットケアをするようにしましょう。

そうすることで、赤みがシミになって肌に残ることを防ぐことができます。

男性の紫外線ケアについて
は以下の記事で詳しく解説しているので、チェックしてみてくださいね!

【男の日焼け対策】シワ・シミ、日焼けを徹底的に抑える紫外線ケア!紫外線対策は男性の肌を悩ませるシミやシワの原因になります。また、日々紫外線を浴びることでダメージは着実に蓄積され、いずれ肌トラブルとなって現れます。この記事では10年後も恥ずかしくない肌を維持するための紫外線対策方法について解説しています。...

C:陥没が残るタイプ(クレーター)

Cタイプのニキビ跡では、肌の弾力やハリをアップさせて、少しでも陥没の深さを浅くするケアが必要です。

そのためには、肌の真皮にあるコラーゲンやエラスチンを強化することが必要で、それに以下のケアが有効です。

レチノール+ピーリング

ビタミンC誘導体の化粧水

皮膚科での治療

それぞれのケアについて、もう少し詳しく見ていきましょう。

◎レチノール+ピーリング

レチノールは、ビタミンAの一種で、コラーゲンを増やす作用があり、美容液などによく使われています。

また、ピーリングでは、科学的に肌の表面の角質を除去することで「肌のターンオーバー(生まれ変わり)」を高めるので、ニキビの予防にもつながります。

この2つのケアをすることで、肌の弾力・ハリを保つ「コラーゲン・エラスチン」を強化することができるので、しっかりとケアを取り入れていきましょう。

ピーリングケアに関しては以下の記事で詳しく解説しているので、やり方がわからない方はチェックしてみてくださいね!

【男のスキンケア】肌のシワやシミ、ニキビを解消するピーリングケア肌のピーリングは、古い角質を外に押し出し、新しい肌に生まれ変わらせる働きがあります。ピーリングは小じわやシミ、ニキビなどに効果的で、自宅でもケアできます。この記事ではピーリングの正しい方法やおすすめのピーリング化粧品をご紹介しています。...

◎ビタミンC誘導体の化粧水

ビタミンC誘導体には、毛穴の引き締めや抗酸化(抗老化)作用以外に、肌内のコラーゲンを増やす働きもあります。

そのため、日々の洗顔後にしっかりと化粧水でビタミンC誘導体を肌に与えるようにしましょう。

◎皮膚科での治療

ホームケアで改善がみられない場合は、クリニックなどで「non-ablative治療(※1)」フラクショナルレーザー(※2)による治療が有効とされていますが、効果は個人差があります。

※1:真皮に熱によるダメージを与え、その回復力を利用してコラーゲンを増やす治療。

※2:皮膚に微小な穴をあけるように作用するレーザーで、真皮に傷をつけることで皮膚のコラーゲン生成をうながします。

また、非常に深い陥没の場合は、炭酸ガスレーザーやメスで切って縫い合わせる方法などもあります。

そのため、どうしても陥没でお悩みの男性は一度皮膚科や美容クリニックに足を運ぶことをおすすめします。

D:肥厚性瘢痕(ひこうせいはんこん)

Dタイプのニキビ跡は、基本的に皮膚科で治療してもらうことが確実です。

肥厚性瘢痕ケロイドは、ステロイドの貼付剤ステロイド局所注入などがあります。

そのため、どの治療法が適しているかは診察をしてもらって、医師の判断に任せるようにしましょう。

【さいごに】
一番のケアや「ニキビ予防」をすること

ここまでニキビ跡のケア方法についてご紹介してきました。

ただ、ニキビ跡の段階までいってしまうと、きれいに治すのには時間がかかることをご理解いただけたと思います。

つまり、一番大切なのは、ニキビができにくい肌づくりということになります。

そのため、ニキビ跡の治療はもちろんですが、それと同時に、新たなニキビができないように日々のスキンケアを見直していくようにしましょう。

ニキビができにくい肌づくりのポイントスキンケアについて以下の記事で詳しく丁寧に解説しているので、ニキビ跡で悩んでいる方は必ずチェックしてみてくださいね!

【男のニキビをきれいになくす!】大人ニキビの原因と正しい対策ケア大人ニキビは男性を悩ませる肌トラブルの1つです。また、大人ニキビは皮脂だけでなく、ストレスは睡眠不足、内臓機能の不調などさまざまな原因によってできます。そこで、この記事では、大人ニキビの原因や正しいケア方法についてご紹介しています。...