スキンケア基礎知識

【保湿ケアが最も大切!】男性の乾燥肌の原因と正しいスキンケア3選

美戦士
美戦士
「肌が乾燥して、カサカサする…」

「乾燥肌だから、白い粉が吹き出ることがある…」

このような方は乾燥肌であることがほとんど。

今回は乾燥肌の男性に特化したスキンケアをご紹介します。

私も乾燥肌ですが、乾燥すると本当に突っ張る感じがして嫌ですよね。

特に秋~冬場はちょっとでもケアを怠ると、カサカサするのはもちろん、白い粉が吹き出して、人の目線が気になることも…。

そこで、今回は以下のテーマについて、乾燥肌のみなさんにお伝えしていきます。

●乾燥肌の原因・仕組み

●乾燥肌の男性に特化したスキンケア

●乾燥肌の男性に役立つ化粧品

なんでもそうですが、ただ方法だけを知っても、“実感”が伴っていないケアをすると、手抜きになってしまうし、継続することもできません。

なので、自分がやっている一つ一つのスキンケアにどんな効果があるのか、どんな役割があるのかをしっかりと理解することは個人的にはとても大切にしています。

少し脱線してしまいましたが、乾燥肌でお悩みの方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

【乾燥肌ってどんな状態?】
乾燥肌になってしまう3つの原因

肌タイプは、肌の表面である「角質層」の水分と油分(皮脂)の量によって決められます。

そして、乾燥肌は、水分と油分がともに少ない肌状態を指します。

ちょっと専門的な話をすると、健康的な肌は角質層の水分量が約20%となっているので、それ以下だと乾燥肌の状態になっています。

では、なぜこのような乾燥肌の状態になってしまうのか?

それは、以下の3つが原因です。

①皮脂の減少

②セラミドの減少

③NMF(天然保湿因子)の減少

一般的に皮膚のうるおい(水分量)は、皮脂・細胞間脂質(セラミド)・NMFの3つのによって保たれています。

そのため、これらのバランスが崩れると、角質層の水分が逃げてしまい、乾燥肌につながります。

そこで、①~③の減少をもう少し詳しく見ていきましょう。

①皮脂の減少

よく、男性の方の多くは「皮脂=悪」「皮脂=ニキビの原因」などと捉え、肌にとって有害なものとみなしています。

でも、皮脂は肌の表面をコーティングし、守る役割をもっています。

※皮脂に水分を維持したり、水分を与える役割はありません。

少し専門的なお話をすると、皮脂は肌表面を弱酸性に保つことで、雑菌の繁殖を抑えたり、肌のなめらかさを与えたりする役割があるのです。

なので、皮脂は肌にとっては必要不可欠なものです。

ただ、過剰に分泌されると、それが原因でニキビなどの肌トラブルが生じます。

とはいえ、乾燥肌の方は、過剰なスキンケアや刺激成分の強い洗顔料を使用することで、本来肌に必要な皮脂まで落としてしまい、乾燥肌の原因の一つになっている可能性があるので、注意が必要です。

②セラミドの減少

セラミドは、乾燥肌の男性が一番意識して肌に与えるべき成分です。

セラミドは、細胞間脂質の一種で、角質層にある水分をキープする力があります。

逆に言えば、いくら水分を与えても、セラミドがなければ、水分がキープされないため、どんどん蒸発していき、保湿できない状態になります。

さらに、蒸発する際に、余計に乾燥して、より肌がカサカサになる危険もあります。

ちなみに、セラミドを実験的にセラミドを奪ってしまうと、肌の水分は80%も低下するという研究結果もあります。

つまり、セラミドは肌の水分の80%を維持していることになります。

そのため、セラミドの減少は乾燥肌に直接影響する要因の一つなのです。

③NMF(天然保湿因子)の減少

NMFは、肌に水分を吸収する性質がある物質です。

先ほどご紹介した皮脂やセラミドなどの細胞間脂質が奪われることで、NMFが洗い流されてます。

その結果、水分が蒸発しやすくなり、肌の乾燥につながります。

【乾燥肌の男性には欠かせない!】
乾燥肌の男性が効果的なスキンケア

ここまでご紹介した乾燥肌の原因を踏まえると、以下のスキンケアが乾燥肌の方には特に大切です。

①刺激の少ない洗顔料選び

②セラミド配合の保湿美容液を選ぶ

③部分的に乳液・クリームを用いる

では、それぞれのケアについて、もう少し詳しく見ていきましょう。

①洗浄力のやさしい洗顔料選び

乾燥肌の原因の一つに、「刺激成分の強い洗顔料」を使用していることが考えられます。

特にメンズ向けの洗顔料はオイリー肌の男性をターゲットに作られているものも多いので、成分をよく見ないで選ぶと、刺激が強いものを選び、肌にダメージを与える危険があります。

そのため、洗浄力がありつつ、刺激の少ない洗顔料を選ぶことが大切です。

洗浄力があり、かつ刺激の少ない洗顔料は洗浄成分は以下のものが該当します。

◯スルホコハク酸Na

◯ココイルメチルタウリンNa

◯ラウレスカルボン酸Na

これらの洗浄成分は、低刺激ながら高めの洗浄力を持っているので、洗顔料を選ぶときの一つの基準にしてみましょう、

また、洗顔料選びだけでなく、洗顔の方法がまちがっていると、乾燥肌につながる危険があります。

洗顔の正しい方法に関しては以下の記事でご紹介しているので、今一度ご自身の洗顔方法が正しいのか見直してみてくださいね。

男(メンズ)の正しい洗顔方法8ステップとキレイな肌作りのポイント洗顔の目的は「皮脂を取り除く」こと、そのためには正しい洗顔方法が大切です。反対に誤った方法で毎日の洗顔をするとダメージがと積み重なり、手遅れになります。この記事ではメンズ用の正しい洗顔方法ときれいな肌作りのポイントを丁寧に解説しております。...

②セラミド配合の保湿美容液を選ぶ

乾燥肌の男性が最も大切にすべき成分、それは「セラミド」です。

セラミドは角質層の水分を保つのに最も貢献している最強の保湿成分です。

極端に行ってしまえば、セラミドをしっかりと肌に与えることができれば、他の化粧品などはあまり必要ありません。

なので、セラミドを肌に与えることを強く意識しましょう。

ただ、セラミドは水溶性ではないので、化粧水で摂取することはできません。

※セラミド配合の化粧水と謳っているコスメは注意が必要です。

なので、美容液などの形でしっかいと肌に摂取することが大切です。

ただ、セラミドといってもいくつか種類があり、化粧品によっては「偽セラミド」が配合されているものもあります。

そのため、しっかりとしたセラミドが配合されている保湿美容液を知りたい方は以下の記事を必ずチェックしてみてくださいね。

メンズ美容液の「正しい選び方」と3つの厳選保湿美容液(化粧水)男性のスキンケアにおいて「保湿ケア」は最も大切なケアの1つです。保湿ケアは肌のシワやシミ、大人ニキビなどの肌トラブルにも有効です。保湿ケアで重要な役割を果たすのがセラミドです。この記事では保湿美容液の選び方やおすすめの化粧品をご紹介します。...

“肌の水分はどこからくるの?”

セラミドは、肌の水分をキープするものですが、その水分はどこからくるのでしょう?

その答えは「体の奥」です。

人間の体は3分の2が水でてきています。

それは、生きている細胞がすべて水で満たされているからです。

肌の表面である角質層は死んだ細胞の集まりですが、そのすぐ下は生きた表皮細胞なので、そこから常に水がしみ出してきます。

角質層はそれを吸い上げ、セラミドによってその吸い上げた成分をキープします。

なので、肌の水分のもとは、実は化粧水ではありません。

③部分的に乳液・クリームを用いる

乾燥肌の男性は、部分的に乳液やクリームを用いるのもおすすめです。

ただ、あくまでも「部分的に」です。

イメージとしては、顔全体にはセラミド配合の化粧品を塗布し、その後、口元・目元だけクリームでカバーするイメージです。

よく、乳液やクリームでフタをして水分を閉じ込めるという理論がありますが、あくまでも水分をがっちり保持する成分は「セラミド」です。

なので、乳液やクリームは乾燥しやすい目元・口元にとどめておきましょう。

ちなみに、乳液やクリームで油分を与えすぎると、肌が皮脂の分泌を控えてしまい、肌内部が逆に乾燥する危険があるので注意しましょう。

また、乳液からクリームかといったら、乳液のなかには水分がほとんどの商品もあるので、クリームの方が適しています。

【乾燥肌の男性は◯◯も注意!】
肌のうるおいを保つため他のケア方法

肌のうるおいを保つためには、日常生活でのちょっとしたケアも大切になります。

それは以下のようなものです。

◯クレンジング選びに注意!

◯睡眠時間を大切に。

◯固まるタイプの保湿パックは有効!

◯安すぎる美容液には注意!

◯紫外線は意識してカット。

では、それぞれもう少し詳しく見ていきましょう。

◯クレンジング選びに注意!

もし、毛穴の黒ずみを落としたり、メンズファンデーションなどのコスメを使用している人で、日頃のケアにクレンジングを取り入れている男性は注意が必要です。

クレンジングに含まれる界面活性剤は、どうしても肌の水分をキープするセラミドを奪う作用があります。

ただ、ある程度、界面活性剤がないと、汚れが落ちないのも事実です。

そのため、クレンジングを選ぶときには「油脂クレンジング」を選ぶようにしましょう。

油脂クレンジングは、オイル特有の高いメイク落とし力を持ちながら、肌に必要な保湿成分や油分を適切に残しつつ洗うことができる非常に優秀なクレンジングです。

油脂クレンジングについては以下の記事の下の方でご紹介しているので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

【男性はクレンジング必要?】クレンジングの効果や種類、正しい使い方クレンジングは、毛穴の黒ずみを解消したい男性やメンズファンデーション、日焼け止めなどを使用している男性は日々のケアに取り入れるべきアイテムです。この記事では、クレンジングの効果や正しい使い方・選び方、おすすめのクレンジングをご紹介します。...

◯睡眠時間を大切に。

肌のターンオーバー(生まれ変わり)やセラミドの生成は主に睡眠中におこなわれます。

そのため、忙しいことは重々承知していますが、ご自身にとって最適な睡眠時間を特定し、それを大切にしましょう。

ちなみに、ご自身の睡眠時間を測定してくれる検査などもあるので、それを活用してみるのもいいですね!

◯固まるタイプの保湿パックは有効!

肌にのばして時間を置くと石膏のように固まるパックがあります。

これは、保湿効果があり、かつ肌トラブルが少ないので比較的おすすめです。

一般的なパックだと、肌の表面からわずかな量ですが水分が蒸発します(不感蒸泄)。

でも、石膏状のもので肌を覆うと、この蒸発が遮断され、隠しそうないを水分が満たし、うるおった状態になることができます。

もちろん、効果は永続的なものではありませんが、数日は持続するのでおすすめです。

◯安すぎる美容液には注意!

これは特にセラミド配合の化粧品を選ぶときに意識してください。

極端に安価な製品は、たとえ成分表にセラミドの表記があったとしても、配合量が少ない可能性が高いです。

そのため、価格的には1本(約30ml)で3千円以上を目安にしてみましょう。

しっかりとしたセラミドが配合されている保湿美容液を知りたい方は以下の記事でご紹介しているので、チェックしてみてくださいね。

メンズ美容液の「正しい選び方」と3つの厳選保湿美容液(化粧水)男性のスキンケアにおいて「保湿ケア」は最も大切なケアの1つです。保湿ケアは肌のシワやシミ、大人ニキビなどの肌トラブルにも有効です。保湿ケアで重要な役割を果たすのがセラミドです。この記事では保湿美容液の選び方やおすすめの化粧品をご紹介します。...

◯紫外線は意識してカット。

男性は日焼け対策をあまり重視していない方が多いです。

でも、紫外線を繰り返し浴びることで、皮膚は乾燥します。

また、一度乾燥すると、年齢が高いほど回復は遅く、40代だと2ヶ月たっても乾燥が続く場合があります。

また、男性肌は女性肌に比べて水分量が少ないため、特に注意が必要です。

なので、せめて春~夏はしっかりと日焼け止めなどを用いて紫外線対策をしましょう。

なお、紫外線対策については以下の記事でご紹介しているので、何をすればいいかわからないという方は以下の記事を参考にしてみてくださいね。

【男の日焼け対策】シワ・シミ、日焼けを徹底的に抑える紫外線ケア!紫外線対策は男性の肌を悩ませるシミやシワの原因になります。また、日々紫外線を浴びることでダメージは着実に蓄積され、いずれ肌トラブルとなって現れます。この記事では10年後も恥ずかしくない肌を維持するための紫外線対策方法について解説しています。...

さいごに

ここまで、肌の乾燥の原因や乾燥肌の男性に特化したスキンケアについてご紹介してきました。

乾燥肌は、しっかりと原因を理解して、正しい方法でケアすることで改善することができます。

そして、もしどれか私が一押しするとしたら、それは迷わず「セラミド」を勧めます。

セラミドを肌に意識して与えるだけでも、確実に肌の感触や感覚が変わってきます。

そのため、まずは、セラミドを配合した美容液を日々のスキンケアに取り入ることを意識してみてくださいね。

メンズ美容液の「正しい選び方」と3つの厳選保湿美容液(化粧水)男性のスキンケアにおいて「保湿ケア」は最も大切なケアの1つです。保湿ケアは肌のシワやシミ、大人ニキビなどの肌トラブルにも有効です。保湿ケアで重要な役割を果たすのがセラミドです。この記事では保湿美容液の選び方やおすすめの化粧品をご紹介します。...