スキンケア基礎知識

【男に化粧水は必要?】化粧水の役割と効果、おすすめ有効成分を紹介!

美戦士
美戦士
男のスキンケアに化粧水って必要?

化粧水を使うと肌にどんな効果があるの?

今回は化粧水の役割やメリットなどについて、お伝えしていきます。

化粧水は、日々の肌に必要か、これは以前、ぼくが運営するインスタグラムでも取り上げました。

サクッと知りたい方は、こちらを見てください。

 

View this post on Instagram

 

化粧水の役割は「肌に水分を与えることではありません。 そもそも、外から水分を与えたとしても、肌の表面の角質層(約0.2ミリ)にしかとどないので、肌の奥まで浸透することはありません。 また、化粧紙をぬりっぱなしにすると、肌の表面で蒸発して、より乾燥をもたらすことに…。 そのため、保湿をするなら、「セラミド配合」の美容液がオススメです。 つまり、化粧水は「極論、不要。」ということです。 ただ、もし使用するなら「ビタミンC誘導体」配合の化粧水が大切です。 ビタミンC誘導体には、以下の3つの効果があります。 そんなビタミンC誘導体の働きは主に以下の3つです。 . ✓ 皮脂の分泌を抑制する . ✓ 毛穴の引き締め効果がある . ✓ 肌の酸化(=老化)に対抗する働きがある . そのため、化粧水を使用するなら、「ビタミンC誘導体」配合の商品を使用するようにしましょう。 #メンズスキンケア #メンズコスメ #メンズケア #メンズ化粧水 #化粧水 #保湿ケア #保湿 #保湿クリーム #洗顔 #皮脂 #テカリ防止 #メンズ洗顔料 #メンズ洗顔 #メンズ化粧品 #メンズヘア #メンズファッション #メンズコーディネート #毛穴 #黒ずみ #毛穴ケア #毛穴 #毛穴の黒ずみ #毛穴洗浄 #毛穴レス #スキンケア #美容 #毛穴の開き #毛穴パック

美戦士@メンズ美容マニアさん(@beauty_soldiers)がシェアした投稿 –

※15秒程度で読めるようエッセンスだけをまとめているので、もしご興味をもってくださったらフォローしていただけると幸いです。

結論からお伝えすると、

「化粧水は絶対に必要なケアではない」

となります。

つまり、日々のケアに取り入れなくてもOKということです。

ただ、化粧品選びをちょっとこだわることで、毛穴の引き締め皮脂分泌の抑制などの効果を期待できるので、抱えている肌の悩みによってはケアに取り入れることをオススメします。

そこで、今回はこれらのことを踏まえて、化粧水の役割や効果、メリット・デメリットなどについて解説していきます。

そのため、化粧水が不要だと感じている方やイマイチ効果がわからないという方は、チェックしてみてくださいね!

【化粧水は不要?】
化粧水の役割は「肌に水分を与えることではない」

ほとんどの男性は化粧水の役割を

「肌に水分を与えること」

だと誤解されています。

でも、実は化粧水は、肌に水分を与えることができません。

それについて、簡単に解説していきます。

化粧水は肌の表面(角質層)にしか届かない

そもそも、化粧水などで外から水分を与えたとしても、それは肌の表面である「角質層(厚さ約0.2ミリ)」までしか浸透しません。

そのため、たくさん化粧水を肌につけても、皮膚の構造上、肌の奥まで浸透することはありません。

水分は常に体内から滲み出ている

では、肌内の水分はどうやって与えればいいのか?

これについては心配いりません。

人間の体内には水分が豊富にあるため、生きた細胞は常に水分で満たされています。

ただ、先ほどお伝えした「角質層」は死んだ肌細胞の集まりなので、細胞内は水分で満たされていません。

でも、その角質層のすぐ下にある「顆粒層(かりゅうそう)」という生きた肌細胞から、常に水分が滲み出ているため、角質層内にも水分は供給されています。

そのため、外から水分を与える必要はないのです。

肝心なのは「水分を角質層内でキープ」すること

大切なのは、

角質層に滲み出てきた水分をキープする保湿成分を与えること

です。

そして、そのような保湿成分のなかで最も優秀なのは「セラミド」という成分です。

セラミドは、水分をはさみ込む力があります。

そのため、肌内で水分を維持することができるのです。

ちなみに、セラミドが不足した肌は、水分が80%減少すると言われています。

逆に言えば、セラミドはそれほど水分を保持する力が優れています。

ただ、セラミドは水溶性ではなく脂質なので、化粧水とは相性が悪いです。

そのため、セラミドが多く配合されている「美容液」の形で肌に与えることが大切です。

なので、化粧水自体には「保湿」の役割はなく、「肌全体に水分を与えることもできない」ことをしっかりと把握することが大切です。

また、セラミド配合のオススメ「保湿美容液」に関しては以下の記事でご紹介しているので、まだケアに取り入れていない方は必ずチェックしてみてくださいね。

メンズ美容液の「正しい選び方」と3つの厳選保湿美容液(化粧水)男性のスキンケアにおいて「保湿ケア」は最も大切なケアの1つです。保湿ケアは肌のシワやシミ、大人ニキビなどの肌トラブルにも有効です。保湿ケアで重要な役割を果たすのがセラミドです。この記事では保湿美容液の選び方やおすすめの化粧品をご紹介します。...

【化粧水のぬりっぱはなしは注意!】
水分が蒸発して余計に肌を乾燥させることも…

よく、化粧水のみずみずしさを「保湿」と誤解して、ぬりっぱなしにする男性がいますが、これはNGです。

化粧水は先ほどもお伝えしたように、肌の表面にしか届きません。

また、化粧水の半分以上は「水」なので、化粧水をぬりっぱなしににすると、肌の表面でその水分が蒸発します。

(なので、塗ったときに”みずみずしさ”を感じるのです…)

そうすると、気化熱(※)の影響で、肌のを冷やしたり、余計に肌を乾燥させたりします。

そのため、化粧水を使用するのはOKですが、その後はしっかりと「セラミド配合」の美容液などをぬって、肌を保湿する必要があります。

気化熱とは液体の物質が気体になるときに周囲から吸収する熱のことです。

液体が蒸発するためには熱が必要になります。

その熱は、液体が接しているもの(ここでは「肌」)からうばって蒸発します。

そのため、表面の水滴が体温をうばって蒸発しようとするので、肌の温度も下がり、余計に乾燥したりする恐れがあります。

“油分でフタ理論”は古い!

化粧水で肌に水分を与え、それを油分(乳液・クリーム)でフタをして閉じ込めるという「油分でフタ理論」はもう古いです。

先ほどもお伝えしたように、そもそも化粧水で肌に水分を与えても、肌の奥には届きません。

また、油分でフタをしても、そのスキマから水分が蒸発してしまうので、結局保湿できません。

だからこそ、肌内部にセラミドなどの「水分を維持する物質」をしっかりと肌に与える必要があるのです。

【化粧水選びが最も大切。】
「ビタミンC誘導体」配合の化粧水がオススメ!

ここまでの解説を聞くと、

「化粧水っていらないんじゃない?」

「効果が何もなさそう…」

と感じている男性も少なくないと思います。

でも、化粧水は、含まれる成分を慎重に選ぶことで、効果を実感することができます。

そして、化粧水選びで特に重視してほしい成分が「ビタミンC誘導体」です。

ビタミンC誘導体は、ビタミンCを肌に届きやすい形にしたものです。

そして、この成分は水溶性なので、化粧水で摂取するのがおすすめです。

また、ビタミンC誘導体は具体的に以下のような効果があります。

◎毛穴の皮脂決め

◎皮脂の分泌の抑制

◎抗酸化作用がある
=肌を酸化(老化)させる「活性酸素」に対抗する力
→シミ・シワ対策になる

それぞれの効果について、どんな男性にオススメかをサラッと見ていきましょう。

◎毛穴の引き締め

まずは、毛穴の引き締め効果です。

 

毛穴が目立ったり、毛穴開きが気になる男性は多いと思います。

そのような肌トラブルを抱えてる男性は、ビタミンC誘導体配合の化粧水を使用することで、毛穴ケアをすることができます。

◎皮脂の分泌の抑制

肌のテカリやベタつきが気になる方は、皮脂が過剰分泌されている恐れがあります。

そのような男性にもビタミンC誘導体は有効です。

この成分は、皮脂分泌をコントロールする作用があるため、皮脂の過剰な分泌を防いでくれます。

また、肌のテカリやベタつきを根本的に改善するスキンケアについて、以下で丁寧に解説しているので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

【皮脂だけが原因じゃない!】男のテカリ・ベタつきを解消する3つのケアと秘訣男性が悩みやすい肌のテカリやベタつきの最大の原因は「皮脂」です。ただ、テカリやベタつきの原因は皮脂だけではなく、肌のキメや弾力・ハリなどのケアもすることが大切です。そこで、この記事では、肌のテカリ・ベタつきを根本的に解消するケアをご紹介します。...

◎抗酸化作用がある

肌の老化を進める大きな原因の一つに「活性酸素」があります。

活性酸素は、日々の食生活や角ストレス、紫外線、無理なスポーツなどが原因で体内で発生します。

そうして発生した活性酸素は、肌内のコラーゲンが攻撃して、肌のハリや弾力を低下させてしまいます。

でも、ビタミンC誘導体は、この活性酸素に対抗する力があります。

そのため、化粧水を与えることで、肌の老化に対抗することができます。

ここまでのことを踏まえると、ビタミンC誘導体配合の化粧水であれば、肌に有効です。

【保湿成分が豊富な化粧水もオススメ!】
成分によっては保湿効果をより高める!

化粧水に配合されている成分によっては、肌に最も大切な保湿をより高めることができます。

ただ、成分によって微妙にニュアンスが異なるので、代表的な成分とともに、その効果ついて見ていきましょう。

※代表的な成分はすべて水溶性なので、化粧水で摂取することが望ましいです。

✓ 保湿性が強い成分

保湿はセラミドを肌に与えることが最も大切ですが、それを前提として、保湿力の高い成分を配合した化粧水を使用することで、より保湿効果を高めることができます。

また、以下の代表成分は保湿性が強いことはもちろん、低刺激でアレルギー性が弱いので肌が弱い方でも安心です。

グリセリンは「しっとり」とした感覚なのに対し、敏感肌化粧品の主成分として使用されるBGは「さっぱり」感があります。

【代表的な成分】
・グリセリン
・ジグリセリン
・BG(l.3-ブチレングリコール)

✓ 皮膚表面で水分を蓄える成分

コラーゲンは、肌のなかでは皮膚の弾力やハリを保つ土台となっていますが、外から与えると、皮膚表面で水分を蓄える保湿剤として働きます。

そのため、保湿成分として外から与えるのにコラーゲンは効果的です。

ただ、肌のハリや弾力は外からコラーゲンを与えても意味がないので注意しましょう。

【代表的な成分】
・コラーゲン
・加水分解コラーゲン
・サクシニルアテロコラーゲン
・加水分解エラスチン

また、水と混ざることでジェル化して水分を蓄える性質がある皮膚表面の保湿成分としては以下のものがあります。

【代表的な成分】
・ヒアルロン酸Na
・アセチルヒアルロン酸Na
・加水分解ヒアルロン酸

【結論】
肌の悩みによってケアに取り入れるか検討

ここまで化粧水の役割や効果、メリット・デメリットについてご紹介してきました。

結論をお伝えすると、ご自身が抱える肌の悩みによっては取り入れるべきだと思います。

たとえば、毛穴が目立ったり、肌のテカリ・ベタつきがある場合は、ビタミンC誘導体配合の化粧水を取り入れることをおすすめします。

また、敏感肌・乾燥肌の方は保湿が大切なので、セラミド配合の美容液に加えて、保湿性の高い成分が配合された化粧水をケアに取り入れることも大切です。

そのため、ご自身の肌状態によって取り入れるべきか検討してみましょう。

また、ビタミンC誘導体やその他の有効成分を配合したオススメの化粧水をご紹介しているので、ご自身の化粧水を選び直したい方はチェックしてみてくださいね!

【おすすめメンズ化粧水5選】男のメンズ化粧水の選び方と正しい使い方男性は間違った化粧水を選んでいる場合がほとんどです。化粧水に「保湿効果」はなく、美容液の有効成分を肌に届きやすくするのが本来の役割です。この記事では、化粧水の正しい選ぶときにチェックしてほしい有効成分やおすすめの化粧水をご紹介しています。...