薄毛・AGA

【育毛剤や発毛剤の副作用のリスク】臨床データから見る副作用の確率

「育毛剤の副作用ってないの?」

「育毛剤を使用する上での注意点は?」

ミノキシジル配合の育毛剤やフィナステリド配合の内服薬(プロペシア)などは男性の薄毛、主にAGA(男性型脱毛症)に効果的な治療薬として国からも認可を受けています。

(これらの育毛剤は厳密には「発毛剤」に該当します)

ただ、これらは効果が強い分、副作用のリスクもあります。

そこで、今回は、日本皮膚科学会ガイドラインの「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版」においても紹介されている育毛剤(外用育毛剤・内服薬を含む)の副作用やリスクについて、臨床実のデータなどをもとにわかりやすく解説していきます。

また、この記事は以下の医師によって監修されています。

【この記事の監修医師】プレシャスクリニック自由が丘 院長
清水 祐紀(しみず ゆうき)

1984年昭和大学医学部を卒業。その後、形成外科名門である昭和大学医学部形成外科で形成外科専門医を取得。日立総合病院で、形成外科医長を歴任後、1995年昭和大学病院形成外科病棟医長、医局長を経て、1998年より講師、2005年に准教授に就任。2017年4月、プレシャスクリック自由が丘の院長に就任。

プレシャスクリニック自由が丘公式HPはこちら

【副作用の前に知っておきたい!】
副作用は育毛剤の”グレード”によって異なる

育毛剤の副作用は、その薬品のグレードによって異なります。

ここでの”グレード”とは、主に以下の3つです。

■医薬品

■医薬部外品

■化粧品

それぞれのグレードについて、もう少し詳しく見ていきましょう。

■医薬品

医薬品は何かを治療する目的で使われるもので、医師や薬剤師が管理のもと扱われる薬で「第一類医薬品」に分類されます。

(第二類、第三類医薬品についても薬剤師や登録販売者によって販売されています。)

医薬品は効果が強い分副作用のリスクも高いため、医師が診断をして、それをもとに処方してくれます。

ちなみに、AGAクリニックなどの医療機関で処方されるAGA治療薬、発毛剤が医薬品に該当します。

■医薬部外品

医薬部外品は医薬品ほどの効果はないですが、化粧品に比べて一定の効果があると認められたものです。

また、医師の診断・処方を受ける必要がないため、医薬品より手に入れやすいです。

加えて、医薬品に比べると効果が緩やかで副作用の心配が少ないため、副作用で悩みたくないなら医薬部外品の育毛剤がオススメです。

ちなみに、育毛剤のパッケージなどに「薬品」と記されている場合は医薬部外品に該当します。

■化粧品

化粧品は何かしら肌や髪などにとって有用とされる成分が含まれている商品のことを指します。

化粧品は該当する成分による副作用が弱いですが、その分効果も医薬部外品より弱いです。

ただ、化粧品は比較的成分を自由に配合できるため、配合成分によって副作用がもたらされる可能性はあります。

このように、育毛剤の副作用を知るうえではグレードによる見分け方が大切になります。

こちらは養毛剤、ヘアトニックなどが該当します。

【薬剤別に見る驚くべきリスク…】
3つの育毛剤における副作用のリスク

育毛剤のなかで、副作用のリスクを考えるべきは、AGAクリニックなどの医療機関で処方されるAGA治療薬や発毛剤の医薬品です。

(「発毛剤」には、ミノキシジル配合の外用育毛剤やフィナステリドの内服薬(プロペシア)などが該当します。)

そこで、日本皮膚科学会ガイドラインの「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版」でも推奨されている以下の5つの副作用・リスクについて解説していきます。

■ミノキシジル配合の育毛剤

■フィナステリド配合の育毛剤(プロペシア)

■デュタステリド配合の育毛剤(ザガーロ)

■カルプロニウム塩化物配合の育毛剤

■アデノシン配合の育毛剤

それぞれの育毛剤について、もう少し詳しくみていきましょう。

■ミノキシジル配合の育毛剤

ミノキシジル配合の育毛剤には、「外用育毛剤」「内服薬」の2つがあります。

ミノキシジル配合の外用育毛剤は、日本皮膚科学会ガイドラインの「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版」のなかで、推奨度A(※)の治療法として認められています。

※同ガイドラインのなかで「行うように強く勧める」レベル

一方で、 ミノキシジルの内服薬であるタブレットは、日本皮膚科学会ガイドラインの「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版」のなかで、推奨度D(※)の治療法として認められています。

※同ガイドラインのなかで「行うべきではない」レベル

また、ミノキシジルの内服薬は日本では認められず、副作用のリスクも高いとされています。

(ちなみに、AGAの治療薬として認可している国も今のところありません。

そのため、ミノキシジルによる治療をする場合は、育毛剤の形で使用することをおすすめします。

「外用育毛剤」と「内服薬」のそれぞれの副作用のリスクは以下の通りです。

外用育毛剤の副作用とそのリスク

■頭皮のかゆみ(瘙痒症)

■表皮が薄い断片となってはがれ落ちる。(落屑)

■毛包炎

■接触皮膚炎

■顔面の多毛

【出典】「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版

内服薬の副作用とそのリスク

■胸の痛み

■心拍数増加

■動悸

■息切れ

■呼吸困難

■うっ血性心不全

■むくび

■体重増加

■性的不能、勃起障害

【出典】「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版

■フィナステリド配合の育毛剤(プロペシア)

フィナステリドは、AGA治療でも推奨されている内服薬のひとつで、「プロペシア」という商品名で販売されています。

20歳以上の男性におけるAGAにのみ使うべき薬剤です。)

また、日本皮膚科学会「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版」でも推奨度Aの治療法です。

フィナステリドは、男性ホルモンの”テストステロン”をAGAの原因となる強力なホルモン”DHT(※)”に変換する「5α還元酵素」という酵素の働きをブロックして、髪の毛が抜けるのを防ぐ薬として開発されました。

※DHT=ジヒドロテストステロン

また、「5α還元酵素」にはⅠ型とⅡ型がありますが、フィナステリドは「Ⅱ型」を特に強く抑制します。

フィナステリドは、次にご紹介する内服薬「デュタステリド」に比べて副作用のリスクが低いとされています。

ただ、臨床試験における副作用の報告は以下のようになっています。

承認時の国内臨床試験において、調査症例276例中、

副作用は12例(4.3%)

リビドー減退3例(1.1%)、

勃起機能不全2例(0.7%)、

その他9例(射精障害、精液量減少、下痢、胃不快感等)

※いずれも1%未満

【出典】ザガーロ・プロペシアの比較|浜松第一クリニック

■デュタステリド配合の育毛剤(ザガーロ)

近年、新たに「デュタステリド」という内服薬も開発され、注目を集めています。

こちらも、日本皮膚科学会の「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版」でも推奨度Aの治療法です。

2015年に厚生労働省よりAGA治療薬として認可され、「ザガーロ」という商品名で2016年から販売されています。

デュタステリドは、元々、2001年に前立腺肥大症(BPH)の治療薬として国際誕生した薬で既に102ヶ国以上で承認を取得しています。

国内でもBPH治療(前立腺肥大症の治療)では20%以上のシェアがあるため、すでに多くの日本人が毎日服用しています。

AGA治療薬として承認を受けたのは韓国に次いで日本で2か国目となっています。

ですが、以下のようにデュタステリドは、フィナステリドに比べて肝機能障害や精力減退、精子力の減少など、副作用の発現率が高めですので、その点は考慮する必要はあります。

第Ⅱ/Ⅲ相国際共同試験において、本剤が投与された総症例557例(日本人120例を含む)中、

副作用は95例(17.1%)

勃起不全24例(4.3%)、

リビドー減退22例(3.9%)、

精液量減少7例(1.3%)

日本人120例中、

臨床検査値異常を含む副作用が報告された症例は14例(11.7%)

リビドー減退7例(5.8%)、

勃起不全6例(5.0%)、

射精障害2例(1.7%)(承認時)

【出典】ザガーロ・プロペシアの比較|浜松第一クリニック

■ 塩化カルプロニウム配合の育毛剤

塩化カルプロニウムは、市販の外用薬に使われる育毛成分です。

また、日本皮膚科学会の「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版」では、推奨度C1(※)の治療法と示されています。

※同ガイドラインのなかで「行ってもよい」レベル

この成分は、血管を広げて血流を良くすることで、毛の成長を促す効果があるとされています。

また、こうした血行改善の働きに加えて、胃液の分泌を促す働きもあることから、胃腸薬にも使われている成分でもあります。

そのため、現れる副作用は以下のように、血流が関係する体温調節機能や胃腸の症状が多いです。

■発汗、悪寒、刺激症状、かゆみ:各0.6%

■接触皮膚炎:1.2%

【出典】第一三共ヘルスケアHP:発毛促進薬カロヤンプログレ;発毛促進とは

■アデノシン配合の育毛剤

アデノシンには、大きく分けて以下の3つの効果があります。

①血行を促進すること

→毛根に必要な酸素や栄養を十分に届け、栄養不足による抜け毛を予防する働きがある。

②発毛促進因子であるFGF-7を生み出す

→発毛を促進させる。

③長くて太い髪へと育てる

→ヘアサイクルに作用し、髪の毛が成長を続ける「成長期」という期間を伸ばすことによりより、長く太い髪へと育てる働きがある。

ちなみに、アデノシンは元々人の体の中に存在する成分なので、ナチュラルに毛根の奥まで届き、毛乳頭で作用するとされています。

また、日本皮膚科学会の「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版」では、推奨度B(※)の治療法と示されています。

※同ガイドラインのなかで「行うように勧める」レベル

ただ、ミノキシジル配合の外用育毛剤の方が現時点では効果が高いとされています。

【もし育毛剤で副作用が出たら…】
症状に合った診療科を早めに受診!

育毛剤を使い始めて、頭皮の違和感や体調不良を感じたら、まずはすぐに使用をストップすることが大切です。

そして、症状に合った診療科を早めに受診するようにしましょう。

育毛剤の副作用が出たときの症状と診療科は以下の通りです。

■かゆみやかぶれ、フケなどの「頭皮トラブル」
⇒皮膚科

■動悸や発熱、男性機能の異常などの「体の不調」
⇒内科

このような症状で病院に足を運んだ際は、診察で「育毛剤を使って体調が悪くなったこと」を伝えましょう。

また、使用した育毛剤も持参することをおすすめします。

そうすることで、医師もより正確な診断ができ。副作用の早期回復につながります。

【こんな症状は副作用?】
育毛剤の副作用に関するQ&A

以下では、育毛剤の副作用に関するよくある質問をご紹介します。

あなたの疑問や不安を解消するQ&Aがあるかもしれないので、チェックがしてみてくださいね!

Q.育毛剤を使い始めてから抜け毛が増えた…

これは、副作用ではなく、「初期脱毛」といって、育毛剤が効き始めたことを示す症状です。

初期脱毛は基本的に1~2カ月で自然に止まります。

育毛剤を使うと新たな毛の成長が促され、すでに生えている弱い毛が押し出されるため、脱毛します。

ですので、心配はいりません。

Q. 頭皮が弱いけど大丈夫かな…。

頭皮や皮膚が弱い方は、パッチテストで成分が肌に合うかを確認しましょう。

パッチテストをすることで、頭皮のかゆみやかぶれ、フケといった肌トラブルの副作用の起こりやすさを確認することができます。

パッチテストは、二の腕を使って簡単に調べることができるので、使用前に行ってみてくださいね。

パッチテストは入浴後に行いましょう。

①育毛剤をガーゼやコットンに少量付ける

②二の腕の裏に絆創膏や医療用テープを使って貼り付ける

③一晩そのまま放置する

【パッチテストの判断方法】

■翌朝、皮膚に異常がなければ「◯」

■翌朝、かゆみやかぶれ、皮膚の赤みがあれば「✕」

Q. 副作用を未然に防ぐには?

商品パッケージや本体に記載されている「使用上の注意」に沿って使用するようにしましょう。

育毛剤を含む化粧品には必ず、商品パッケージか本体容器に、

「使用上の注意」

「ご注意」

という欄がありますので、少しめんどくさいですが、使用する前に必ず読むようにしましょう。

Q. 育毛剤はたくさん使っていいの?

1回の量を勝手に増やすのはNGです。

多く使うとそれだけ、成分が頭皮への刺激となり、かぶれやかゆみ、フケといった頭皮トラブルの原因になります。

そのため、「早く効果が出るかも…」と、よくばって育毛剤を多めに使うのは、逆効果になってしまうのです…。

また、育毛剤を頭皮に塗った後は、自然に液剤が乾くまで整髪料の使用は控えましょう。

(液剤と整髪料の成分が混ざると、成分どうしが効果を打ち消しあったり効果が強くなり過ぎることがあります。)

【さいごに】
副作用のリスクを知っての使用が大切。

ここまで育毛剤(発毛剤)の副作用のリスクやデメリットなどについて解説してきました。

AGAクリニックなどの医療機関で処方されるAGA治療法や育毛剤は効果が強い分、副作用のリスクも高いです。

そのため、その副作用のリスクもしっかりと理解した上で使用することが大切です。

また、育毛剤だけに頼っても、髪の毛を作る栄養素がなかったり、頭皮環境が悪ければ、その効果を最大限得ることができません。

そのため、今回解説した副作用のリスクを踏まえて、育毛剤を使用するようにしましょう。