薄毛・AGA

【薄毛は遺伝する!】薄毛・AGAの遺伝に関する研究と驚くべき可能性

「薄毛って遺伝するの?」

「お父さんがハゲているから、俺もハゲるのかな…」

男性の薄毛のほとんどは「AGA(男性型脱毛症)」と言われており、前頭部や頭頂部の髪の毛がだんだん薄くなってくる特徴があります。

また、結論からお伝えすると”薄毛・AGAは遺伝します。

また、AGAの原因は一般的に「毛穴の詰まり」や「帽子などによる蒸れ」と言われ、誤解している男性がほとんどです。

でも、現在に至るまでのさまざまな研究がおこなわれ、AGAの最大の原因が「遺伝」と「男性ホルモン」であることが明らかになってきました。

ですので、父や祖父などが薄毛・AGAの場合、それが遺伝する可能性は十分にあるということです。

また、AGAと遺伝・男性ホルモンの関係についてしっかりと理解しておくことで、より効果的な治療法を選択する手がかかりにもなります。

そこで、今回は、現在に至るまでの研究やエビデンスをもとに、薄毛・AGAと遺伝の関係を中心にわかりやすく解説します。

また、この記事は以下の医師によって監修されています。

【この記事の監修医師】プレシャスクリニック自由が丘 院長
清水 祐紀(しみず ゆうき)

1984年昭和大学医学部を卒業。その後、形成外科名門である昭和大学医学部形成外科で形成外科専門医を取得。日立総合病院で、形成外科医長を歴任後、1995年昭和大学病院形成外科病棟医長、医局長を経て、1998年より講師、2005年に准教授に就任。2017年4月、プレシャスクリック自由が丘の院長に就任。

プレシャスクリニック自由が丘公式HPはこちら

【遺伝+環境の両方が影響!
遺伝的要素は2~3割!

薄毛を心配する方から、よく

「親父がハゲているから、僕もハゲますか?」

という質問がよく寄せられています。

また、薄毛に関係する男性ホルモンの量や「5αリダクターゼ酵素」の量は人によって異なるので、このことが遺伝と関連付けられることもあります。

薄毛の遺伝に限らず、体に現れるさまざまな症状は遺伝的要素が2~3割と言われています。

(意外と少ないですよね…。)

つまり、残りの7~8割は、食事や睡眠、運動、ストレスなど環境的要因によるものが原因なのです。

そのため、薄毛は、遺伝的要因よりも、生きていく上に知らず知らずの間についた生活習慣や外的なストレスなどの環境的要因のほうが影響が大きいことをまずは知っておくことが大事です。

【薄毛の研究は400年前から…】
AGAと遺伝・ホルモンについての研究

AGAと遺伝・ホルモンの関係についての報告は、なんと紀元前400年のギリシャまで逆ります。

西洋最大の哲学者のひとりで、「万学の祖」とも評されるアリストテレスは当時、

「宦官(かんがん)にAGAが生じないこと」

を記録しました。

※去勢(性器を切除)した男性のこと。

まず、このことから男性ホルモンがAGAに影響していることが予想できます。

また、この記録から男性ホルモンの関与を初めて本当の意味で科学的に実証したのは、ホルモン学を専攻していた”ハミルトン“というアメリカの研究者による1942年の実験です。

ハミルトンは、詳細な臨床的観察から以下のような事実を明らかにしました。

①思春期以後に発症

②思春期前に睾丸(玉袋)を除去すると発症しない

③思春期後に睾丸除去すると進行が止まる

④テストステロン()を投与すると再び進行する

※アンドロゲンに属するステロイドホルモンで、男性ホルモンの一種。

この報告によって、AGAの現象に男性ホルモンが大きく関わっていることがわかりました。

また、それと同時に、、男性ホルモン投与(④に該当)で脱毛が進行した男性の家系にはAGAの人が多く、逆に男性ホルモン投与で脱毛が現れていなかった男性の家系には男性型脱毛症の人が少ないことがわかりました。

このことから、AGAは遺伝の影響が大きいと結論付けられました。

つまり、父親がAGAだから子どももなりやすいというのは、ある程度正しいと言えます。

【遺伝と薄毛の関係が明らかに…】
AGAに関連する遺伝子は主に3つ

先ほどご紹介したハミルトンの研究から歳月が経ち、現在では、より研究が進み、AGAにどの遺伝子が関連しているのかも少しじつ明らかになってきています。

この遺伝子を理解するのにあたり、AGAと遺伝・男性ホルモンの具体的な関係を理解する必要がありますので、以下では、その点についてわかりやすく解説します。

そのため、今後AGAを予防したい、また、しっかりと治したいという方は、ぜひチェックしてみてくださいね!

まず、AGAにおいて、前頭部や頭頂部の髪の毛が薄くなるのには”男性ホルモン“が大きく関係しています。

そもそも、毛髪には以下のように「成長期」「退行期」「休止期」という一定のサイクル(毛周期)があり、このサイクルのなかで毛が成長したり、抜けたりします。

そして、男性ホルモンは、この毛周期と成長を阻害することがわかっています。

毛髪の1本1本は以下の図のようになっており、それぞれ「毛母細胞」と「毛乳頭」というものがあります。
そして、髪の毛はこの2つの細胞が相互作用することで成長します。

そこに深くかかわってくるのが、男性ホルモンの一種である「テストステロン()」という物質です。

※テストステロンは比較的弱い男性ホルモンです。

このテストステロンが血液を巡って毛乳頭の細胞の中に入ると、「5α還元酵素()」によって「ジヒドロテストステロン(以下、DHT)」という強力なホルモンに変化します。

また、「5α還元酵素」にはⅠ型とⅡ型がありますが、このうちのⅡ型5α還元酵素の遺伝子が”ある特定のタイプ”だと男性AGAになりにくいことがわかっています。

(このことから「Ⅱ型5α還元酵素」がAGAと関連が深いことがわかります。)

テストステロンかDHTに変換した後は、細胞内ですぐに「アンドロゲン受容体」という受容体と結合します。

そうすることで、髪の毛の発育を抑制するシグナルが出され、薄毛につながっていくのです。

そして、このアンドロゲン受容体の遺伝子もAGAの発症に関連していると報告されています。

また、アンドロゲン受容体の活性を抑える働きがあるヒストン脱アセチル化酵素9(HDAC9)」という酵素の遺伝子もAGAと関連性があることが明らかになっています。

さらに、最近新しく開発された遺伝子研究の手法である「ゲノムワイド関連解析(GWAS)」などによっても、AGAの関連遺伝子が新しく発見されてきています。

(少し話が複雑になるので、ここでは省略します。)

さいごに

以上から、AGAにおいて「遺伝」が重要な要素であることはご理解いただけたと思います。

そして、

「AGAって遺伝するの」

「薄毛・AGAの原因は何?」

という問いに対しての答えのひとつでもあります。

そのため、遺伝はAGAと関係しています。

そして、もうひとつ大きな要因として「男性ホルモン」があります。

AGAの治療(内服薬や育毛剤など)をする上でも、「薄毛・AGAと男性ホルモンの関係」についての理解は必要不可欠です。

そのため、以下の記事で、その2つの関係をしっかりと理解して治療法を検討してみてくださいね!

【男性ホルモンが薄毛を進行】男性ホルモンが薄毛・AGAに与える影響薄毛と男性ホルモンがどのように関係しているかを理解せず、ただ育毛剤を使っても、その効果や意味がわからないので、途中でやめたり、続かなかったりします。そこで、今回は男性ホルモンが具体的にどのように男性の薄毛やAGAに影響するのかを解説します。...