薄毛・AGA

【薄毛・AGAに効果的な正しいシャンプー方法】ドライヤーやブラッシングも大事!

「薄毛を進行させないためのシャンプー方法は?」

「薄毛改善のためにシャンプーのときに気をつけるべき点は?」

薄毛改善のために、シャンプーを含めた”ヘアケア”はとても大切です。

ただ、頭皮の皮脂や汚れを落とすために、1日何回もシャンプーをしたり、やみくもに育毛シャンプーでゴシゴシ洗っても頭皮の環境を悪化させて、薄毛を進行させるだけです。

そのため、薄毛を改善するには、シャンプーの使い方や洗い方、その後のドライヤーやブラッシングがとても大切になってきます。

そこで、今回は薄毛を改善するために大切なシャンプーの仕方ポイントドライヤー・ブラッシングなどについて、わかりやすく解説していきます。

そのため、

「薄毛に効果的なシャンプーの方法を知りたい!」

という方は気になる方は、しっかりとチェックしてみてくださいね!

また、この記事は以下の医師によって監修されています。

【この記事の監修医師】プレシャスクリニック自由が丘 院長
清水 祐紀(しみず ゆうき)

1984年昭和大学医学部を卒業。その後、形成外科名門である昭和大学医学部形成外科で形成外科専門医を取得。日立総合病院で、形成外科医長を歴任後、1995年昭和大学病院形成外科病棟医長、医局長を経て、1998年より講師、2005年に准教授に就任。2017年4月、プレシャスクリック自由が丘の院長に就任。

プレシャスクリニック自由が丘公式HPはこちら

【そもそもシャンプーっているの?】
ヘアケアの目的は「頭皮の汚れを落とすこと」

シャンプーや頭皮マッサージなどの”ヘアケア”の目的は基本的に、

「頭皮の汚れをしっかりと落とし、頭皮環境を整えること」

です。

今では、髪にいいと言われるシャンプーや育毛シャンプーと謳われるものがありますよね。

ですが、どんなに薄毛に有効な成分が配合されていたとしても、シャンプーの効果成分が毛穴をたどって毛根まで届く量は”ごく少量”です。

そのため、育毛シャンプーだけで薄毛が改善したり、太くて・長い毛が生えてくることは基本的にありません。

また、大事なことなので繰り返しますが、ヘアケアの目的は、

「頭皮の無駄な汚れを落とし、頭皮環境を整えること」

です。

そして、頭皮は、丈夫で太い毛を生やすための土台となります。

つまり、ヘアケアは、太くて長い毛が生えてくる環境を整えるために、とても大切なのです。

【まずは「髪の洗い方」が大事!】
正しいシャンプー方法とそのポイント

日々のシャンプーで、

爪を立ててゴシゴシ洗っていませんか?

シャンプーをざっとツケてササッと洗ってはいませんか?

シャンプーの仕方が正しくないと、フケが出たり、かゆくなったりなど、頭皮に余計な刺激を与えてしまいます。

頭皮への刺激や悪影響は薄毛の改善にもよくないので、ここでしっかりと正しいシャンプー方法をマスターしましょう。

正しいシャンプーの順番とそのポイントは以下の通りです。

①ぬるめのお湯で頭皮まで濡らす
→37~40℃のお湯が理想

②シャンプー剤をつける(1~2プッシュ)

③指の腹を使って頭皮になじませる
(頭皮マッサージをするとより効果的!)

④しっかりと洗い落とす

シャンプーは基本的に上記の順番ですることをおすすめします。

ただ、それぞれコツがあるので、ステップごとに、もう少し詳しく見ていきましょう。

①ぬるめのお湯で頭皮まで濡らす

まずは、ぬるめのお湯でしっかりと頭皮まで濡らすことが大切です。

(お湯の温度は「37~40℃」が理想。)

ざっと髪の毛を濡らして、すぐにシャンプーを頭に広げる方が多いと思いますが、まずは意識してしっかりと頭皮まで濡らしてみてください!

ちなみに、いきなり暑いお湯をかけないように注意しましょう。

お湯の温度が熱すぎると、皮脂を取りすぎたり、頭皮や髪に負担をかけてしまいます…。

そのため、まずはぬるめのお湯(37~40℃)で、頭皮までしっかりとぬらすようにしましょう。

シャンプーの前のブラッシングがおすすめ!

シャンプー前に櫛などでブラッシングをすると、汚れを浮かせることができ洗うのも楽になります。

また、ワックスやジェルなど整髪剤の汚れも落ちやすくなるので、やってみましょう。

(ちなみに、やってみるとわかりますが、ブラッシングをすると意外と気持ちいいです。笑)

②シャンプー剤をつける(1~2プッシュ)

ぬるま湯で頭皮を濡らしたら、手にシャンプーを取っていきます。

1回のシャンプー剤の量は、髪の長さや量、製品によりますが、男性であれば基本的に1~2プッシュで十分です。

また、手に取ったあと、そのまま髪の毛につける男性が多いですが、シャンプー剤は直接髪の毛につけるのではなく、手のひらで一旦軽く泡立ててから髪になじませるようにしましょう。

③指の腹を使って頭皮になじませる

手の腕で軽く泡立てたら、指の腹を使って頭皮をやさしく動かし、マッサージするように洗いましょう。

このとき、必要以上にゴシゴシ洗ったり、爪を立てたりすると皮膚を傷つけたり、皮脂を取りすぎたりする危険もあるので、「優しく」洗うことを意識しましょう。

また、このとき、体臭のもとになりやすい耳の後ろや後頭部なども忘れずに。

(指の腹を使って、優しくマッサージするように洗えばOKです!)

そして、シャンプーするついでにやってみてほしいのが「頭皮マッサージ」

簡単な頭皮マッサージを組み込むことで、血流が良くなり、栄養も行き届きやすくなります。

(シャンプー剤がついていると、指も動きやすいので、マッサージもしやすいです☺)

ちなみに頭皮マッサージについては以下の記事で詳しく解説しているので、気になる方はチェックしてみてくださいね!

【頭皮マッサージは薄毛に効果絶大!】頭皮マッサージのやり方とコツ!頭皮マッサージは、正しい方法でおこなうことで、血流が良くなり、頭皮までしっかりと栄養が行き届くようになります。ただ、間違った方法でマッサージをしてしまうと、頭皮を傷つける可能性もあるので、今回は正しい頭皮マッサージ方法をわかりやすくご紹介します。...

④しっかりと洗い落とす

シャンプーのさいごは、洗い落としがないように、しっかりと落としましょう。

特に男性は、前頭部のシャンプーの洗い残しが多いです。

そのため、意識してシャンプー剤をきちんと流すようにしましょう。

リンス・コンディショナーは頭皮につけないように!

シャンプー後にリンスやコンディショナーを使うのであれば、髪の毛だけにつけて、頭皮に直接つけないように気をつけましょう。

もちろん製品にもよりますが、頭皮までコーティングされて、皮脂が毛穴に詰まってしまうこともあります。

そのため、リンスやコンディショナーは髪の表面のみつけるようにしましょう。

シャワーを浴びたり、髪を洗ったりすることは、毎日の習慣です。

その習慣を正しくすることは、当然ながら大きな影響を与えます。

そのため、①~④の手順をしっかりと守った上で、正しい方法で髪を丁寧に洗うようにしましょう!

【髪を濡れたまま放置するのはNG!】
ドライヤーで雑菌の繁殖を防ぐ!

髪を洗った後に、乾かすのがめんどくさくて、ついつい放置してしまうことがありますよね…。

特に夏場などは、ただでさえ暑いのに、ドライヤーの風に当たりたくないですよね。

(お風呂にせっかく入っても、汗かくし…)

ただ、髪を濡らしたままにすると、においや雑菌の元になりやすいです。

また、頭皮にダメージを与えたり、髪の毛の成長を阻害することにもつながります…。

そのため、短髪・長髪に関係なく、髪を洗った後はしっかりとタオルドライをして、さいごにドライヤーで乾かすようにしましょう。

「でも、ドライヤーの熱は髪に悪そう…」

と思った方もいると思います。

安心してください。

きちんと使えば問題ありません。

そのため、洗髪後は以下のステップでしっかりと髪を乾かすようにしましょう。

①タオルドライ
→タオルで水分をしっかりと拭く

②ドライヤーで乾かす
髪から15cm以上話す
毛先より根本から乾かず
※同じところ・同じ向きに長時間ドライヤーを当てないように注意!

【ヘアケアの意外な㊙アイテム!】
メリット大の「ブラッシング」

先ほど少し紹介した櫛やブラシによる「ブラッシング」も実は大きなメリットがあります。

ブラシというと、女性が使うイメージが湧きますし、短髪の男性は「必要ない」と思う方も多いと思います。

ただ、ブラッシングによる髪へのメリットは実は大きいので、男性も取り入れることを個人的にはおすすめしています。

(ぼくも、毎日お風呂のときにブラッシングしています!)

ブラッシングを使うタイミングは、まずシャンプーの前です。

先ほどもお伝えしたようにシャンプーの前にブラッシングすることで、汚れを浮かすことができ、洗うのが楽になります。

また、ワックスやジェルなどをつける前にブラッシングすると、髪にツヤが出たり、広がりを押さえつつボリュームを出すことができます。

さらに、頭皮マッサージにもブラシは有効です。

ちなみに、ブラシを使った頭皮マッサージの具体的な方法については以下の記事で詳しく解説しているので、やってみたい方はチェックしてみてくださいね!

【頭皮マッサージは薄毛に効果絶大!】頭皮マッサージのやり方とコツ!頭皮マッサージは、正しい方法でおこなうことで、血流が良くなり、頭皮までしっかりと栄養が行き届くようになります。ただ、間違った方法でマッサージをしてしまうと、頭皮を傷つける可能性もあるので、今回は正しい頭皮マッサージ方法をわかりやすくご紹介します。...

このようにブラッシングはさまざまなプラスの効果があるので、薄毛を少しでも改善したい方は日々のヘアケアに取り入れてみてくださいね!

【疑問や不安を解決!】
ヘアケア・シャンプーのよくある質問

ここでは、ヘアケアシャンプーについてのよくある質問について回答していきます。

そのため、気になるものや同じ質問などがあった場合は、チェックしてみてくださいね!

Q1.湯シャンは薄毛にいいの?

「シャンプー剤は髪を傷めるから、お湯だけで洗う『湯シャン』が薄毛対策にいい!」

という都市伝説がある時期に流行っていたので、「湯シャンがいいのですか?」という質問は多いです。

ただ、普段からジェルやワックスなどの整髪剤やスタイリング剤を使用している方は、お湯だけで1日の汚れやほこりをしっかりと落としきれないため、シャンプーを使うのがおすすめです。

ですが、皮脂があまり出ない乾燥タイプの頭皮の方頭皮が赤くなって炎症を起こしている方などは、湯シャンに切り替えたり、シャンプーを週に1回にしたりするのもありです。

また、湯シャンだけだと整髪料や皮脂の汚れが気になる方は1日おきにシャンプーと湯シャンを使い分けるのもひとつの方法です。

Q2.一日何回髪を洗えばいいの?

髪を洗うのは基本的に1日1回で十分です。

逆に1日に何回も洗うと、頭皮に本来必要な脂分や水分を取ってしまい。乾燥を招いてしまうことも…。

また、それでも、もしベタつく場合は、糖質過多の食事ストレスで皮脂が過剰に分泌されているかもしれません…。

ちなみに、シャンプーの回数などについては以下の記事でわかりやすく解説しているので、気になる方はチェックしてみてくださいね!

【シャンプーは何回?】薄毛に効果的なシャンプーの頻度とタイミングを解説シャンプーは1日1回で十分です。頭皮の汚れが気になるからといって、1日2回も3回もやると、逆に頭皮環境を悪くしてしまい、薄毛を進行させることも…。そこで、今回は薄毛に効果的なシャンプーの頻度とタイミングについてわかりやすく解説していきます。...

Q3.髪はいつ洗うのがベスト?

髪の毛の成長を考えると、夜にシャンプーをするのがベストです。

その理由は、髪の毛の成長を促す「成長ホルモン」にあります。

夜の睡眠タイムは、成長ホルモンが作用する重要な時間帯で、深い睡眠(ノンレム睡眠)に入ってから最初の3時間が最も多く放出されると言われています。

そのため、夜寝る前にシャンプーで髪を洗うことで、頭皮に溜まった1日の汚れやストレスを取り除き、細胞にとって良い環境を整えおくことができます。

また、細胞にとっていい環境をつくることで、髪の毛を作る「毛母細胞」にも影響が行き届きやすくなるので、髪の毛の成長にも効果的です。

この質問に対しても以下の記事で詳しく解説しているので、気になる方はチェックシてみてくださいね!

【シャンプーは何回?】薄毛に効果的なシャンプーの頻度とタイミングを解説シャンプーは1日1回で十分です。頭皮の汚れが気になるからといって、1日2回も3回もやると、逆に頭皮環境を悪くしてしまい、薄毛を進行させることも…。そこで、今回は薄毛に効果的なシャンプーの頻度とタイミングについてわかりやすく解説していきます。...

【シャンプーのベストな頻度は?】
髪の毛は1日1回洗うだけで十分!

今現在、あなたは1日何回洗いますか?

基本的に、髪は1日1回洗えば、1日分の皮脂や汚れをしっかりと取り除くことができます。

逆に1日に何回も洗うと、頭皮に本来必要な脂分や水分を取ってしまい。乾燥を招いてしまうことも…。

(それでも、もしベタつく場合は、糖質過多の食事やストレスで皮脂が過剰に分泌されているかもしれません…。)

また、真夏の暑い時期に、とてもベタつく場合は2回程度洗うケースもあります。

ただ、基本的には1日1回で十分だと思っておきましょう。

【ヘアケア以外の習慣も大切!】
「食事・睡眠・運動・ストレス」も意識!

ここまで、ヘアケアの重要性や具体的な方法について、詳しく解説してきました。

ただ、ヘアケアはあくまでも「外側からのケア」です。

そのため、当然「内側からのケア」も大切ですし、長期的にみれば、薄毛にはもちろん、健康的な体作りや重い病気を避けるためにも、こちらのほうがより大切になります。

そして、内側からのケアは、大きく分けて食事』『睡眠』『運動』『ストレスの4つがあります。

(ちなみに、これらは薄毛の四大原因とも言われ、この4つが乱れることで薄毛がより進行していくとも言われています。)

そもそも、健康的な髪の毛を作るには、その原料となる「栄養」が必要です。

そして、この栄養は主に「食事」から摂取します。

つまり、食生活が偏ったり、乱れてたりすると、髪の毛を作る栄養が不足して、薄毛が進行する原因のひとつになるということです。

そのため、薄毛に効果的な栄養素やそれを含んだ食事メニューを日々取り入れていくことが大切です。

ちなみに、薄毛に効果的な食べ物やそのポイントなどについては以下の記事で詳しく解説しているので、薄毛を少しでもストップしたいと考えている方は、必ずチェックしてみてくださいね!

【薄毛改善に効果的な食事】髪の成長に重要な3つの栄養と食べ物を解説食事をしっかりと摂って、髪の毛の土台となる栄養を摂取しないと、いくら内服薬のプロペシアやミノキシジルの外用育毛剤を使用しても髪の毛は生えてきません。そこで今回は、薄毛の改善に必要な3つの栄養素と食べ物・食事のメニューについて詳しく解説します。...

また、太くて長い髪の毛に育てるには「ホルモン」も大切になります。

そのなかでも特に重要視されているのが、「成長ホルモン」です。

この成長ホルモンは24時間放出されていますが、特に深い眠りに入った最初の3時間に最も多く増えます。

そのため、最低3時間の良質の睡眠も薄毛には必要になります。

ただ、だからといって「3時間だけ寝ればいい」というわけではありません。

短眠は、薄毛だけでなく、体や心にもマイナスの影響を与えるリスクがあります。

これを踏まえた睡眠と薄毛の関係や薄毛に効果的な睡眠のポイントなどについては以下の記事で詳しく解説しているので、「睡眠不足が続いている」「なかなか寝付けない」という場合はチェックしてみてくださいね!

【睡眠不足は薄毛に最悪!】薄毛改善に効果的な睡眠の7つのポイント男性の薄毛と睡眠は、大きく関係しています。つまり、睡眠不足が続いたり、不規則な生活習慣だと薄毛が進行するリスクが十分にありえるのです…。そのため、今回は「薄毛・AGAと睡眠の関係」「睡眠をとるときのポイント」の2点に焦点を絞って解説していきます。...

また、この成長ホルモンの分泌には「運動」も大きく影響しています。

ただ、やみくもに筋トレしたり、ジョギングしたりしても、体に負担を与え、続けることができません。

そのため、運動不足の方や薄毛改善のために運動を始めたいと考えている方は以下の記事をもとに、日常生活に可能な範囲で取り入れてみてくださいね!

【運動不足は薄毛の原因に!】薄毛改善に効果的な運動方法とポイント!薄毛が進行してきている場合、もしかしたらその原因は"運動不足"にあるかもしれません。そのため、今回は、「運動が薄毛・AGAに与える影響」「薄毛改善に効果的な運動メニュー」について、わかりやすく解説していくので、チェックしてみてくださいね!...

さいごに、ストレスに関しては、”薄毛の最大の敵“と言われており、「食事」「睡眠」「運動」にも悪影響を与えるリスクがあります。

なかでも、ストレスは、“活性酸素”という「体内のサビ」を過剰につくる原因となります。

活性酸素が増えると、髪の毛をつくるための細胞の機能を低下させることにもつながります。

そのため、生きていれば避けることのできないストレスを上手に付き合っていく術を身につけることはとても大切になります。

ストレスが薄毛に与える影響ストレス発散のポイントについては以下の記事で詳しく解説しているので、ストレスが溜まっている人・溜まりやすい人は以下の記事を必ずチェックしてみてくださいね!

【ストレスは最大の敵!】ストレスが薄毛に及ぼす悪影響と解消のコツ過度なストレスは、体や心、そして薄毛にもマイナスの影響を与えます。今回は、「ストレスがどのように薄毛に影響を与えるのか」「ストレスをなるべく溜めないようにする工夫」に焦点を当てて、わかりやすく解説していくので、薄毛対策をしたい方は要チェックです!...

この4つのバランスをしっかりと取った上で、育毛効果を謳っているシャンプーや育毛剤を使うことで、より高い効果を引き出すことができます。

逆に、内側から体をきちんと整えないと、いくら外からケアをしても、髪の毛は元気になりません。

(育毛剤などを使いはじめて初期の頃は効果が出ても、そのうち限界がきます。)

ただ、これらの「内側からのケア」をしっかりと実践しつつ、それと平行してシャンプーや育毛剤などのケアをすると、目に見える効果が得られるようになります。

【さいごに】
安価な激落ちシャンプーは意味なし!

薄毛改善に効果的なヘアケアをするためには、シャンプーの正しい方法が大切であることはお伝えしてきました。

ただ、それと同時に「シャンプー選び」もとても大切になります。

いくら正しいシャンプー方法をしても、使っているシャンプーの成分がよくないと、頭皮を悪化させることにもつながります。

(特に、男性のシャンプーにありがちな清涼感のあるもの、「激落ち・激安」系のシャンプーは危険です。)

そのため、今使っているシャンプーが薄毛や頭皮に悪い影響を与えているのではないかとちょっとでも不安な方は必ず以下の記事もチェックしてみてくださいね!

【薄毛に効果的なシャンプーの選び方】アミノ酸系シャンプーがベスト!薄毛が気になり始めると、まず「薄毛に効果的なシャンプー」が気になりますよね…。そこで、今回は、「シャンプーによる薄毛への効果」「シャンプー選びでチェックすべき成分」「薄毛・育毛に効果的なシャンプーの選び方」などを中心にわかりやすく解説していきます。...