薄毛・AGA

【AGAクリニックの行ったほうがいい?】メリット・デメリットを解説!

「薄毛が気になるから治療を始めたいけど、AGAクリニックにいったほうがいいのかな…」

最近、TVのCMでもよく流れるAGAクリニック。

AGAクリニックとは、男性の薄毛の疾患のひとつである「AGA(男性型脱毛症)」の治療を専門とするクリニックのことです。

そもそもAGA治療には、自分で外用育毛剤などを購入して始める方法AGAクリニックで治療をおこなう方法の2つがあります。

どちらもメリット・デメリットがありますが、結論からお伝えしますと

「AGAクリニックでの治療」

を個人的に強くおすすめします。

もちろん、これにはちゃんとした理由があります。

そのため、今回はAGAクリニックのメリット・デメリットを踏まえながら、AGAクリニックでの治療をすすめる理由についてわかりやすく解説します。

今現在、薄毛に悩み始めていて

「AGAクリニックに行ってみようか迷っている…」

という方は、ぜひチェックしてみてくだしあね!

また、この記事は以下の医師によって監修されています。

【この記事の監修医師】プレシャスクリニック自由が丘 院長
清水 祐紀(しみず ゆうき)

1984年昭和大学医学部を卒業。その後、形成外科名門である昭和大学医学部形成外科で形成外科専門医を取得。日立総合病院で、形成外科医長を歴任後、1995年昭和大学病院形成外科病棟医長、医局長を経て、1998年より講師、2005年に准教授に就任。2017年4月、プレシャスクリック自由が丘の院長に就任。

プレシャスクリニック自由が丘公式HPはこちら

【自己判断のAGA治療はかなり危険!】
自己流AGA治療がもたらす危険・リスク

今はドラッグストアに行けば、外用育毛剤や育毛シャンプーなど、たくさん売られていますよね。

「クリニックに行くのは時間も心の準備も必要でハードルが高い…

とりあえず、自分で始めてみようかな。」

このような気持ちで、自分でネットで簡単に調べて、育毛剤や育毛シャンプーを購入する方は多いです。

たしかに、自分でAGA治療をする方が、手軽に始められるし、心理的にもラクですよね。

ただ、このような安易な自己判断によるAGAが治療は、薄毛の進行をストップさせるどころか、頭皮に刺激を与えたり、炎症を起こしたりするリスクがあります。

まず、最初にご自身に質問してみてほしいです。

「本当にAGAなのか」

ということを。

男性の薄毛のすべてがAGAであるわけではなく、円形脱毛症など他の疾患の可能性はあります。

ですので、本当にご自身がAGAであるかどうかを診断できるのは、医師だけなのです。

また、外用育毛剤や内服薬などのAGA治療薬は、AGAに効果的なだけであって、他の脱毛症にはまったく効きません。

仮にAGAだとしても、今度はその治療薬の選び方を慎重にする必要が出てきます。

AGA治療薬を選ぶときは、「薄毛に効果的な成分がどれくらい入っているか」がポイントになります。

ただ、効果のある成分が多めに含まれている治療薬を選んだとしても、それが頭皮に合わないと、頭皮にかゆみが生じたり、炎症を起こしたりする危険があります。

また、自分で調べる力がある優秀な男性は、効果が高いとされる外用育毛剤や内服薬を海外から個人的に輸入して治療にあたるケースもあります。

ですが、

「効果が高い=副作用のリスクが高い

ということになるので、思わぬ肌トラブルなどにつながります。

(効果が高いとされるAGA治療薬の副作用には、胸の痛みや呼吸困難勃起障害などがあります。)

また、AGAは進行性の病気のため、「継続的な治療」が必要になります。

ただ、自己流でやると、目に見える効果がなかなか得られず、途中で諦めてしまう方が多いです。

さらに、初期段階からAGAクリニックなどで、正しい治療をすれば改善していたものも、自己流の間違った治療を続けることで、薄毛がより進行して、手遅れになるケースも…。

また、費用に関しても、たしかに短期的に見たら自分で始めたほうが安いですが、AGAが改善するまでの長期的な視点で見たら、AGAクリニックのほうがコスパが良いケースも多いです。

ここまでを踏まえて、自己流のAGA治療は手軽に始められる分、薄毛を進行させたり、体全体に悪影響をもたらすリスクがあることをしっかりと把握しておきましょう。

【AGAクリニックって何がいいの?】
AGAクリニックの7つのメリット

自己流のAGA治療が”いかに危険か”についてはおわかりいただけたと思います。

そこで、ここからはAGAクリニックのメリット・デメリットを踏まえた上で、AGAクリニックでの治療をすすめる理由についてわかりやすく解説していきたいと思います。

まず、AGAクリニックを勧めないとするならば、

「行く手間がかかる」

「治療費が高め」

ということくらいです。

それ以外はメリットしかありません。

(もちろん、しっかりとした”クリニック選び”が前提になります。)

AGAクリニックでは、まず

「ご自身が本当にAGAなのか」

について正確に診断をしてくれます。

また、仮にAGAでなかった場合も、それに対応した治療を提案してくれるので安心です。

さらに、薬の処方などに関しても、一人ひとりに応じて、しっかりと治療メニューを組み、適切なアドバイスをしてくれます。

そのため、自分で治療薬を個人輸入して、まちがったAGA治療をするリスクを踏まえると、確実にAGAクリニックにて治療してもらったほうがはるかに効率的ですし、安全性も高いです。

また、繰り返しになりますが、AGA治療は”継続が大切”です。

でも、続けるのが苦手な方が、自己流AGA治療をすると、効果を得られず続かないことが多いです。

一方でAGAクリニックでの治療であれば、医師がサポートしてくれるので、続けることが苦手な方でも継続することができます。

さらに、しっかりとしたAGAクリニックを選べば、治療以外にも食事や運動、ストレスなど、薄毛の大きな要因とされている生活習慣についても的確なアドバイスをもらうことができます。

ですので、すでに薄毛の症状が見られる方で、なるべく安全に、かつ確実に治療していきたいのであれば、AGAクリニックでの治療を個人的にはおすすめします。

(ただ、ハードルが高いのも事実なので、まずは本当にご自身がAGAが診断だけしてもらって、医師に相談してみることをおすすめします。)

ここまでを踏まえて、AGAクリニックでの治療のメリット・デメリットをまとめると以下のようになります。

✓ 正しい治療で薄毛を改善できる

✓ 自分で治療薬などを探す手間がない

✓ 間違った治療方法をする心配がない

✓ 信頼できるアドバイザーを得ることができる

✓ 自分で情報収集をする手間がなくなる

✓ 生活習慣など治療以外のアドバイスもしてもらえる

✓ 定期的に通うことで治療を継続しやすい

✓ クリニックに通う時間の確保が必要

✓ 治療費が高めになる

✓ クリニック選びを間違えると効果を得られない

【どんな治療が受けられるの?】
AGAクリニックで受けられる治療法

ここまでAGAクリニックのメリットやデメリットについて解説してきました。

ただ、ここまでを聞いてみて、

「AGAクリニックってどんな治療をしてくれるの?」

と疑問をもっている方も少なくないと思います。

治療メニューに関してはAGAクリニックよって異なりますが、基本的には以下のようにまとめることができます。

①内服薬による治療
→「プロペシア」や「ミノキシジルタブレット」など

②外用育毛剤による治療
→ミノキシジル配合の外用育毛剤

③自毛植毛

④その他の治療
→「LED治療」「育毛注射」など

すべてのクリニックが上記のすべての治療に対応しているわけではないので、クリニックを選ぶときにはどのような治療メニューがあるのか前もって確認するようにしましょう。

また、以下ではそれぞれの治療方法について、もう少し詳しく見ていきましょう。

①内服薬による治療

内服薬はほぼすべてのAGAクリニックによっておこなわれています。

そのなかでも代表的なのが「プロペシア」という内服薬です。

他にも「ザガーロ」「ミノキシジルタブレット」などがあります。

「プロペシア」と「ザガーロ」の特徴や効果の違いについてはこちらで詳しく解説しています。)

内服薬は基本的にドラッグストアなどで購入することはできず、クリニックなどで医師から処方してもらうことで入手できます。

また、内服薬は効果を期待できる分、副作用もあるので、医師に注意事項などをしっかりと説明してもらった上で服用していくことが大切になります。

②外用育毛剤による治療

外用育毛剤は、頭皮に塗る育毛剤のことで、薄毛治療のなかでも一番馴染みのある治療法ですね。

外用育毛剤では、「ミノキシジル」という有効成分が配合されたものを処方されることが多いです。

ちなみに、ミノキシジルを配合した外用育毛剤はドラッグストアやAmazonなどでも購入することができ、実際に薄毛治療に使用している男性も数多くいらっしゃいます。

また、ミノキシジル配合の育毛剤の効果や副作用などについて以下の記事で詳しく解説しているので、興味のある方はチェックしてみてくださいね!

ミノキシジルタブレット(内服薬)の効果や副作用、口コミを徹底解説!ミノタブは育毛効果が非常に高いですが、その分、副作用のリスクが高いので、リスクのある治療法として知られています。これらを踏まえて、今回は「ミノキシジルタブレット」の効果や副作用、実際に使用した方の口コミについて解説していきたいと思います。...

③自毛植毛

男性の薄毛・AGA治療のひとつに「自毛植毛」があります。

自毛植毛は、自分の毛を移植する手術方法で、フィナステリド(内服薬)やミノキシジル外用(育毛剤)などの薬剤治療で満足できない人に対して推奨されることが多いです。

また、自分の毛を移植するので、”拒絶反応“が起こる心配がなく、安全性が高い治療とされています。

(自分から自分へ臓器移植するイメージに近いです。)

自毛植毛は、手術代が「50万~150万」と高価になりやすいですが、フィナステリドなどの内服薬やミノキシジルなどの外用育毛剤に比べて即効性がある治療法です。

自毛植毛について、詳しく知りたい方は以下の記事で詳しく解説しているので気になる方はチェックしてみてくださいね!

【薄毛・AGAは植毛がベスト?】自毛植毛の手術内容や費用を解説!自毛植毛は、手術代が高価になりやすいですが、フィナステリドやミノキシジルなどに比べて即効性があります。また、確実性も高く、見た目の変化も実感しやすいです。そこで今回は自毛植毛の効果やリスク、メリット・デメリットなどもわかりやすく解説していきます。...

④その他の治療

AGAクリニックでは、その他にも「LEDによる薄毛治療」「育毛注射」などがあります。

LEDによるAGA治療は、「赤色ナローバンドLED」が発毛を促進していることが科学的に解明されたことをきっかけに新しい治療法として注目されてます。

LEDによるAGA治療はこちらで詳しく解説しています。)

また、「育毛注射」では、ミノキシジルや成長因子などの発毛成分を頭皮に直接注入する施術のことで、高価ではありますが、他の治療と同時にしていくことで、より効果を期待することができます。

このようにAGAクリニックではさまざまな治療法があるので、まずはクリニックを選ぶ段階でどんな治療メニューがあるのかチェックするようにしましょう。

そして、クリニックを決めたら、最初のカウンセリングで医師と相談をし、治療方法を決定していくのがベストです。

【さいごに】
まずはクリニックで診断を!

ここまで、AGAクリニックと自己流AGA治療の比較それぞれのメリット・デメリットについて詳しく解説してきました。

AGA治療に関しては、ご自身で始めることは可能ですが、安全性や効果などから考えると、やはりAGAクリニックでの治療を個人的におすすめします。

そのため、もし、ご自身で最初はトライしたいという場合でも、せめて最初はクリニックで医師の方に診断だけでもしてもらいましょう。

AGAと分かれば、その治療方法は自分で情報収集することはできます。

ただ、できれば、正しい治療をおこなうためにも、AGAクリニックに頼ることをおすすめします。

これからまだ数十年ある人生ですので、早いうちから正しいAGA治療で薄毛を改善して、自分を変えていきましょう。