薄毛・AGA

【シャンプーは何回?】薄毛に効果的なシャンプーの頻度とタイミングを解説

「薄毛の人はシャンプーは何回すべき?」

「シャンプーってそもそもいるの?」

「朝と夜、どっちのほうがいいのかな?」

薄毛・AGA(男性型脱毛症)の男性は、毎日のヘアケアが大切になります。

そして、毎日のヘアケアのひとつに「シャンプー」があります。

また、シャンプーに関して、よく寄せられる質問として、

シャンプーはどのくらいの頻度ですべき?

というものがあります。

結論からお伝えすると、シャンプーは1日1回で十分です。

頭皮の汚れが気になるからといって、1日2回も3回もやると、逆に頭皮環境を悪くしてしまい、薄毛を進行させることも…。

そこで、今回は、

毎日のシャンプーを1日1回にすべき理由

シャンプーをするタイミング(朝 or 夜)か

シャンプーをする意味やポイント、注意点

の3つに焦点を当てて、わかりやすく解説していきます。

では、見ていきましょう。

また、この記事は以下の医師によって監修されています。

【この記事の監修医師】プレシャスクリニック自由が丘 院長
清水 祐紀(しみず ゆうき)

1984年昭和大学医学部を卒業。その後、形成外科名門である昭和大学医学部形成外科で形成外科専門医を取得。日立総合病院で、形成外科医長を歴任後、1995年昭和大学病院形成外科病棟医長、医局長を経て、1998年より講師、2005年に准教授に就任。2017年4月、プレシャスクリック自由が丘の院長に就任。

プレシャスクリニック自由が丘公式HPはこちら

【シャンプーのベストな頻度は?】
髪の毛は1日1回洗うだけで十分!

「1日何回髪を洗えばいいですか?」

これは、薄毛の方からよく寄せられる質問のひとつです。

実際、人によって頭皮の皮脂の量や常在菌(※)の種類も異なるので、一概に回答が難しいところもあります。

※常在菌:体に常にいる細菌で、問題を起こす細菌が体内に侵入するのを防ぐ働きがある。

ただ、基本的には、髪は1日1回洗えば、1日分の皮脂や汚れをしっかりと取り除くことができます。

(ちなみに、作家の五木寛之氏などはほぼ髪を洗わないとの説も…。)

逆に1日に何回も洗うと、頭皮に本来必要な脂分や水分を取ってしまい。乾燥を招いてしまうことも…。

(それでも、もしベタつく場合は、糖質過多の食事やストレスで皮脂が過剰に分泌されているかもしれません…。

また、真夏の暑い時期に、とてもベタつく場合は2回程度洗うケースもあります。

ただ、基本的には1日1回で十分だと思っておきましょう。

シャンプーはそもそも必要なの?

シャンプーは、そもそも必要なのか疑問に思っている男性もいると思います。

「シャンプー剤は髪を傷めるから、お湯だけで洗う「湯シャン」が薄毛対策にいい!」

という説がブームになっている時期もありました。

ただ、普段からジェルやワックスなどの整髪剤やスタイリング剤を使用している方は、お湯だけで1日の汚れやほこりをしっかりと落としきれないため、シャンプーを使うのがおすすめです。

ですが、皮脂があまり出ない乾燥タイプの頭皮の方や頭皮が赤くなって炎症を起こしている方などは、湯シャンに切り替えたり、シャンプーを週に1回にしたりするのもありです。

また、湯シャンだけだと整髪料や皮脂の汚れが気になる方は1日おきにシャンプーと湯シャンを使い分けるのもひとつの方法です。

ちなみに湯シャンについては以下の記事で詳しく解説しているので、気になる方はチェックしてみてくださいね

【薄毛に湯シャンはNG?】湯シャンの効果とメリット・デメリット!湯シャンがいいか、シャンプを使ったほうが良いのかは、その人の「頭皮環境」や「皮膚の性質」、「スタイリング剤(ワックス・ジェル)などの使用の有無」によってちがってきます。そこで今回は、湯シャンの効果やメリット・デメリットをわかりやすく解説します。...

【大切なのはシャンプーをいつするか!】
夜がシャンプーのベストタイミング!

シャンプーの頻度以上に大切なのが

いつ髪をシャンプーで洗うか

です。

よく、「朝と夜のどっちがいいですか?」という質問が寄せられます。

また、中には、朝髪の毛をシャンプーで洗ってしまって、夜帰宅したらそのまま寝るというサイクルになっている方も少なくないと思います。

ただ、髪の毛の成長を考えると、夜にシャンプーをするのがベストです。

その理由は、髪の毛の成長を促す「成長ホルモン」にあります。

夜の睡眠タイムは、成長ホルモンが作用する重要な時間帯で、深い睡眠(ノンレム睡眠)に入ってから最初の3時間が最も多く放出されると言われています。

そのため、夜寝る前にシャンプーで髪を洗うことで、頭皮に溜まった1日の汚れやストレスを取り除き、細胞にとっていい環境を整えおくことができます。

また、細胞にとっていい環境をつくることで、髪の毛を作る「毛母細胞」にも影響が行き届きやすくなります。

そうすると、成長ホルモンが放出されたときのホルモンの働きもよくなり、髪の毛の成長をより促してくれます。

つまり、夜シャンは成長ホルモンの働きを手助けしてくれるのです。

ただ、すでに何年も朝シャンが習慣化していて直すのがむずかしい方や朝シャンのほうが生活リズムが整うという方は無理に夜シャンに変えなくてもいいです。

すでに習慣化したものを無理に変えようとすると、それだけでストレスになり、薄毛を悪化させるリスクがあります…。

ただ、朝シャンの習慣を変えられない方は、食生活や睡眠、運動などでしっかりとカバーすることが大切になります。

そのため、ここまでを踏まえて臨機応変に自分の日々の習慣に取り入れていくようにしましょう。

また、シャンプーを使った洗い方やその後のドライヤー・ブラッシングも薄毛の進行をストップするために重要になります。

薄毛に効果的なシャンプーの仕方やドライヤー・ブラッシングなどについては、以下の記事で詳しく解説しているので、こちらもしっかりとチェックしてみてくださいね!

【さいごに】
薄毛改善にはシャンプー選び・方法も大切!

ここまで、シャンプーの頻度やタイミングなどについてわかりやすく解説してきました。

シャンプーなどのヘアケアは薄毛の改善にとても大切です。

そのため、ここまでのことを踏まえて、頭皮の汚れを寝る前にきちんと落として、かつ適度な潤いを残すようにヘアケアをしていきましょう。

また、薄毛を改善するためにはシャンプーの成分もしっかりと見極める必要があります。

使っているシャンプーの配合成分の刺激が強かったり、頭皮によくない場合は、薄毛を悪化させるリスクもあります。

そのため、今ご自身が使っているシャンプーに自信がない方や薄毛に効果的なシャンプーを知りたい方は以下の記事を必ずチェックしてみてくださいね!

【薄毛に効果的なシャンプーの選び方】アミノ酸系シャンプーがベスト!薄毛が気になり始めると、まず「薄毛に効果的なシャンプー」が気になりますよね…。そこで、今回は、「シャンプーによる薄毛への効果」「シャンプー選びでチェックすべき成分」「薄毛・育毛に効果的なシャンプーの選び方」などを中心にわかりやすく解説していきます。...