薄毛・AGA

【薄毛に効果的なシャンプーの選び方】アミノ酸系シャンプーがベスト!

「薄毛に効果的なシャンプーはどうやって選ぶの?」

「薄毛に効くシャンプーを知りたい!」

薄毛が気になり始めると、まず「薄毛に効果的なシャンプー」が気になりますよね…。

また、今やドラッグストアやスーパーに行くと、育毛効果を謳うシャンプーがズラッと並べられています…。

そのため、

「どれを選べばいいかわからない…」

「そもそも育毛シャンプーって本当に効くの?」

なんて思ったりしますよね…。

(あなたの予想通り、シャンプーには髪を生やす直接的な効果はありません。

そこで、今回は、

シャンプーによる薄毛への効果

シャンプー選びでチェックすべき成分

薄毛・育毛に効果的なシャンプーの選び方

などを中心にわかりやすく解説していきます。

そのため、

「薄毛に効果のあるシャンプーを知りたい!」

という男性はチェックしてみてくださいね!

また、この記事は以下の医師によって監修されています。

【この記事の監修医師】プレシャスクリニック自由が丘 院長
清水 祐紀(しみず ゆうき)

1984年昭和大学医学部を卒業。その後、形成外科名門である昭和大学医学部形成外科で形成外科専門医を取得。日立総合病院で、形成外科医長を歴任後、1995年昭和大学病院形成外科病棟医長、医局長を経て、1998年より講師、2005年に准教授に就任。2017年4月、プレシャスクリック自由が丘の院長に就任。

プレシャスクリニック自由が丘公式HPはこちら

【シャンプーは髪の毛を生やすの?】
シャンプーは”頭皮環境”を整えるに大切!

まず、気になる育毛を謳うシャンプーの効果についてですが、結論からお伝えすると、

シャンプーだけで毛を生やすことはできません。

つまり、育毛剤のように、直接髪の毛を増やす作用はありません。

では、シャンプーによるヘアケアの目的な何なのか…。

それは、

頭皮の無駄な汚れを落とし、頭皮環境を整えること

です。

頭皮は、丈夫で太い毛を生やすための、いわば「土壌」です。

稲作(米作り)で例えるなら、「水田」にあたります。

水田に水が十分になかったり、汚れやゴミがたくさんあっては、元気で長い稲は育たないですよね。

髪の毛も一緒です、

土壌となる「頭皮」に、無駄な皮脂の汚れやほこりなどが溜まっていては、太くて・長い毛が生えることはできません。

つまり、頭皮に溜まった汚れやほこりをきれいに落とすことがは、シャンプーによるヘアケアの目的なのです。

そのため、繰り返しになりますが、いくら育毛効果を謳っているシャンプーであっても、直接的に髪の毛を生やす効果はありません。

でも、シャンプーによるヘアケアは、元気な髪の毛が生えてくるように頭皮の環境を整備する上では重要な役割を果たすのです…!

【激落ち・激安のシャンプーには注意!】
強い洗浄力があるシャンプーは刺激が強い

メンズシャンプーを使ったことのある方ならおわかりかと思いますが、男性用のシャンプーは、スーッとした清涼感があって、洗浄成分が強いものが多いです。

また、頭皮の毛穴詰まりが薄毛の原因だと誤解している男性は、

「毛穴に詰まっている皮脂をゴッソリ落としたい!」

「洗浄成分の強いシャンプーを使いたい!」

「頭皮を落とした感のある洗浄力の強いシャンプーを選ぶ」

といったふうになりやすいです。

ただ、洗浄成分の強いシャンプー剤には、頭皮や髪の毛によくないの石油系の合成界面活性剤が使われていることが多いです。

石油系の合成界面活性剤は、水だけでは落ちにくい皮脂の汚れを落とす働きがあるので、たしかにゴッソリ汚れを落とすことはできます。

ただ、その分、髪や頭皮の刺激になるので、薄毛が気になっている方には刺激になる危険があります。

そのため、メンズシャンプーにありがちな洗浄力の強いシャンプーを選ぶのはおすすめしません。

また、もうひとつ気をつけたいのが、「“育毛”や”発毛”などのキャッチコピーで売られている安いシャンプー」です。

これらのシャンプーには、薄毛改善の効果はほぼ期待できません。

なぜなら、髪や頭皮に負担が少なく、かつ、汚れをしっかりと落とせる成分は、数百円の安い価格では作ることができないからです。

ここまでを踏まえて、男性用シャンプーに多い「強い洗浄成分が配合されたシャンプー」や「明らかに安いシャンプー」は選ばないようにしましょう。

(ついつい手が伸びてしまいますが、NGです!)

では、どんな成分が配合されているシャンプーならいいのか。

それについて、次で詳しく見ていきましょう。

【髪・頭皮に優しいシャンプーが大切!】
“アミノ酸系”のシャンプーがおすすめ!

髪や頭皮に負担が少なく、かつ、皮脂や汚れを適度に落としたいなら「アミノ酸系シャンプー」と呼ばれる種類がおすすめです。

「アミノ酸系シャンプー」は、効果や成分のバランスが取れていて、良質な頭皮環境を整える上でも効果的です。

ちなみに、シャンプーの洗浄成分ごとの洗浄力や泡立ち・刺激の強さをまとめると以下のようになります。

そもそも、薄毛の原因は大きく分けると「食事」「睡眠」「運動」「ストレス」の4つとされています。

これらが乱れることで、一種の男性ホルモンに影響を与えて、結果的に薄毛につながります。

高級アルコール系 石油系 アミノ酸系
界面活性剤の種類 石油系原料の
合成界面活性剤
天然系原料の合成界面活性剤
成分表記例 ラウレス硫酸塩
ラウリル硫酸塩
石鹸
ラウリン酸Na
オレイン酸Na
ステアリン酸Na
ラウロイルメチルアラニンNa
ここいるグルタミン酸Na
洗浄力
(かなり強い)

(強い)

(やや弱い)
泡立ち
(非常に良い)

(良い)

(良い)
刺激の強さ
(刺激が強い)

(低刺激だけど
髪がきしみやすい)

(低刺激、
適度は保湿力あり)
価格 安い 安い 高い
こんな人におすすめ! ・肌の強い方
・整髪料を多く使う方
・屋外作業の後
・スポーツの後
・コストを抑えたい方
・皮脂が多い方
・整髪料多く使う方
・肌や髪がデリケートな方
・フケや頭皮トラブルのある方
・髪 / 頭皮ケアをしたい方

薄毛が気になる方は、基本的には「アミノ酸系」がおすすめです。

ただ、洗浄力に不満がある方や、ワックスやジェルなどの整髪料を多く使う方は「石鹸系」もありです。

「高級アルコール系」は刺激が強いので、薄毛で悩んでいる方は選ばないようにしましょう。

【シリコンが含まれていたほうがいい?】
シリコン以外の成分にしっかりと注目!

シャンプーには、「シリコンシャンプー」と「ノンシリコンシャンプー」の2種類があります。

ちなみに、シリコンとは、髪の表面を保護する成分の一つです。

シリコンが配合されているシャンプーは、洗髪後に髪がサラサラに仕上がり、指通りもよくなるのが特長です。

(髪はきしむと基本的に傷むので、シャンプーには洗浄力のほかにこういった保護成分が含まれています。)

シリコンという成分自体には、髪や頭皮に悪影響を与えません。

ただ、シリコンによっては髪だけでなく、頭皮もコーティングしてしまうので、それを毎日のシャンプーでしっかりと落とさないと皮脂や汚れと混じって、蓄積する心配があります。

また、

「頭皮に余計なものは極力避ける」という考えから、最近ではノンシリコンシャンプーも増えています。

そのため、髪や頭皮に優しく、十分に汚れを落とせる洗浄成分に、シリコンが配合されているのであれば、心配ありません。

ただ、シリコンの代わりに良質な保護成分が入っているのであれば、そちらのほうが質はいいです。

一方で、ノンシリコンシャンプーでも、効果の弱い保護成分しか入っていない製品や石油系の合成界面活性剤が配合さているものは避けるようにしましょう。

【シャンプーによるケア以外も大切!】
「食事・睡眠・運動・ストレス」も意識!

ここまで、シャンプー選びのポイントについて、詳しく解説してきました。

ただ、シャンプーを含むヘアケアはあくまでも「外側からのケア」です。

また、薄毛の根本的な原因は「食事」「睡眠」「運動」「ストレス」の4つだとされています。

そのため、ヘアケアの効果を最大限に引き出すためにも、これらの4つによる「内側からのケア」が大切です。

(薄毛の根本的な解決にも必要不可欠です。)

逆に内側からのケアをしっかりと実践しないと、いくら育毛効果を謳うシャンプーや育毛剤、内服薬などのAGA治療薬を使用したところで、これらの内側からのケアをしないと、効果を最大限引き出すことはできません。

(育毛剤やAGA治療薬を使い始めた初期は効果が出ても、いずれ限界がきます)

ただ、逆に、内側からのケアをしっかり実践するのと同時に、育毛にいい成分の入ったシャンプーや育毛剤を使うことは、より薄毛に効果を期待できます。

そのため、シャンプー選びも大事ですが、それと同時に「食事」「睡眠」「運動」「ストレス」の4つが薄毛、ひいては健康にそれぞれどんな影響をを及ぼすのかサラッと見ていきましょう。

①「食事」が薄毛に及ぼすの影響

健康的な髪の毛を作るには、その原料となる「栄養」が必要です。

そして、この栄養は主に「食事」から摂取します。

つまり、食生活が偏ったり、乱れてたりすると、髪の毛を作る栄養が不足して、薄毛が進行する原因のひとつになるということです。

そのため、薄毛に効果的な栄養素やそれを含んだ食事メニューを日々取り入れていくことが大切です。

ちなみに、薄毛に効果的な食べ物やそのポイントなどについては以下の記事で詳しく解説しているので、薄毛を少しでもストップしたいと考えている方は、必ずチェックしてみてくださいね!

【薄毛改善に効果的な食事】髪の成長に重要な3つの栄養と食べ物を解説食事をしっかりと摂って、髪の毛の土台となる栄養を摂取しないと、いくら内服薬のプロペシアやミノキシジルの外用育毛剤を使用しても髪の毛は生えてきません。そこで今回は、薄毛の改善に必要な3つの栄養素と食べ物・食事のメニューについて詳しく解説します。...

②「睡眠」が薄毛に及ぼすの影響

太くて長い髪の毛に育てるには「ホルモン」も大切になります。

そのなかでも特に重要視されているのが、「成長ホルモン」です。

この成長ホルモンは24時間放出されていますが、特に深い眠りに入った最初の3時間に最も多く増えます。

そのため、最低3時間の良質の睡眠も薄毛には必要になります。

ただ、もちろん、「だったら3時間だけ寝ればいい」というわけではありません。

短眠は、薄毛だけでなく、体や心にもマイナスの影響を与えるリスクがあります。

これを踏まえた睡眠と薄毛の関係や薄毛に効果的な睡眠のポイントなどについては以下の記事で詳しく解説しているので、「睡眠不足が続いている」「なかなか寝付けない」という場合はチェックしてみてくださいね!

【睡眠不足は薄毛に最悪!】薄毛改善に効果的な睡眠の7つのポイント男性の薄毛と睡眠は、大きく関係しています。つまり、睡眠不足が続いたり、不規則な生活習慣だと薄毛が進行するリスクが十分にありえるのです…。そのため、今回は「薄毛・AGAと睡眠の関係」「睡眠をとるときのポイント」の2点に焦点を絞って解説していきます。...

③「運動」が薄毛に及ぼすの影響

成長ホルモンの分泌には「運動」も大きく影響しています。

また、適度な運動は、薄毛にはもちろん、基礎代謝を上げたり、脂肪燃焼などにも効果的です。

そのため、メタボリックシンドロームの方や健康的な体作りをしたい方にもおすすめです。

ただ、やみくもに筋トレしたり、ジョギングしたりしても、体に負担を与え、続けることができません。

そのため、運動不足の方や薄毛改善のために運動を始めたいと考えている方は以下の記事をもとに、日常生活に可能な範囲で取り入れてみてくださいね!

【運動不足は薄毛の原因に!】薄毛改善に効果的な運動方法とポイント!薄毛が進行してきている場合、もしかしたらその原因は"運動不足"にあるかもしれません。そのため、今回は、「運動が薄毛・AGAに与える影響」「薄毛改善に効果的な運動メニュー」について、わかりやすく解説していくので、チェックしてみてくださいね!...

④「ストレス」が薄毛に及ぼすの影響

ストレスは、”薄毛の最大の敵”と言われており、「食事」「睡眠」「運動」にも悪影響を与えるリスクがあります。

なかでも、ストレスは、“活性酸素”という「体内のサビ」を過剰につくる原因となります。

活性酸素が増えると、髪の毛をつくるための細胞の機能を低下させることにもつながります。

そのため、生きていれば避けることのできないストレスを上手に付き合っていく術を身につけることはとても大切になります。

ストレスが薄毛に与える影響やストレス発散のポイントについては以下の記事で詳しく解説しているので、ストレスが溜まっている人・溜まりやすい人は以下の記事を必ずチェックしてみてくださいね!

【ストレスは最大の敵!】ストレスが薄毛に及ぼす悪影響と解消のコツ過度なストレスは、体や心、そして薄毛にもマイナスの影響を与えます。今回は、「ストレスがどのように薄毛に影響を与えるのか」「ストレスをなるべく溜めないようにする工夫」に焦点を当てて、わかりやすく解説していくので、薄毛対策をしたい方は要チェックです!...

この4つのバランスをしっかりと摂った上で、育毛効果を謳っているシャンプーや育毛剤を使うことで、より高い効果を引き出すことができます。

逆に、内側から体をきちんと整えないと、いくら外からケアをしても、髪の毛は元気になりません。

(育毛剤などを使いはじめて初期の頃は効果が出ても、そのうち限界がきます。)

ただ、これらの「内側からのケア」をしっかりと実践しつつ、それと平行してシャンプーや育毛剤などのケアをすると、目に見える効果が得られるようになります。

【さいごに】
シャンプーの正しい使い方も大事!

薄毛改善のための”ヘアケア“では、「シャンプーの選び方」と同時に「シャンプーを使った正しい洗髪方法」も大事になります。

シャンプーの仕方が正しくないと、フケが出たり、かゆくなったりなど、頭皮に余計な刺激を与えてしまいます。

頭皮への刺激や悪影響は薄毛の改善にもよくないので、ここでしっかりと正しいシャンプー方法をマスターしましょう。

正しいシャンプーの順番とそのポイントは以下の通りです。

①ぬるめのお湯で頭皮まで濡らす

→37~40℃のお湯が理想

②シャンプー剤をつける(1~2プッシュ)

③指の腹を使って頭皮になじませる

(頭皮マッサージをするとより効果的!)

④しっかりと洗い落とす

シャンプーは基本的に上記の順番ですることをおすすめします。

ただ、それぞれのステップごとにコツやポイントがあります。

そのため、シャンプー選びのポイントを理解した方は以下の記事を必ずチェックして、シャンプーの正しい方法をマスターしてくださいね!

【薄毛に効果的なシャンプーの選び方】アミノ酸系シャンプーがベスト!薄毛が気になり始めると、まず「薄毛に効果的なシャンプー」が気になりますよね…。そこで、今回は、「シャンプーによる薄毛への効果」「シャンプー選びでチェックすべき成分」「薄毛・育毛に効果的なシャンプーの選び方」などを中心にわかりやすく解説していきます。...