部位・パーツ別

【ヒゲ脱毛の前日・当日は飲酒NG!】お酒がヒゲ脱毛にもたらすリスク

美戦士
美戦士
今回は、実際にヒゲ脱毛の経験がある僕が脱毛前日・当日(施術後)飲酒の注意点リスクその理由について解説していきます。

脱毛前日にお酒飲んでもいいの?

そもそもお酒と脱毛って何の関係があるの?

と思っていらっしゃる方もいると思います。

ぼくも脱毛する前までは、

「ぶっちゃけ関係なくない?」

と思っていました。

実際、ぼくもヒゲの光脱毛した後に飲酒をしたことがありますが、特に肌に異常は見られませんでした。

でも、同じく太ももの光脱毛をしたときは飲酒・運動・入浴をわざとおこなった結果、以下のようなかゆみが生じて、毛嚢炎(もうのうえん)のようなものができたときもありました…。

※ピンクの丸の部分が「毛嚢炎」です。

また、ぼくの知人では、医療レーザー脱毛をしたその日に飲んで、かなり肌が赤くなって大変だったという声もありました。

そのため、言ってしまえば個人差ですが、余計なリスクを避けるためにも、脱毛前日・当日(施術直後)の飲酒はオススメできません。

その理由について見ていきましょう。

【脱毛前日のお酒は控えめに!】
ヒゲ脱毛前日のお酒がもたらす3つのリスク

ヒゲ脱毛の前日お酒を避けたい理由は以下の2つです。

酒臭いお客さんにならないため

通常よりも強い痛みを感じないため

脱毛直後に赤みやかゆみが生じやすい

それぞれの点について、もう少し具体的に見ていきましょう。

酒臭いお客さんにならないため

まず一つ目「二日酔い」などによる”酒臭さです。

これは、一つのマナーというか、エチケットの話です。

脱毛は当日予約ではなく、前もって日程を決めて訪れるケースがほとんどです。

そのため、日程がわかっていながら、前日に大量のお酒を飲んで、その臭いをプンプンさせながら脱毛してもらうことは「大人の男性」がすることではありません。

また、施術スタッフはクリニックやエステサロンにもよりますが、女性が対応するところも多いです。

もし、お酒臭い状態で施術をしてもらうことになると、スタッフの方々や他のお客様にもご迷惑をおかけすることにつながります。

(もちろん、男性スタッフもお酒臭いお客様は対応が大変になります。)

そのため、軽く嗜む程度であれば、問題ないですが、体内で分解できない量の摂取は控えるようにしましょう。

通常よりも強い痛みを感じないため

施術前お酒が体内に残った状態だと、それが原因で血行促進されます。

そうなると、こわいのが施術時の痛みです。

お酒を飲むことで体温が上がると、肌の水分が蒸発し、肌の乾燥を招きます。

そして、その状態でレーザーを照射すると、痛みを感じやすくなります。

特にヒゲは他の部位に比べても痛みを感じやすい部位です。

(特に鼻下・アゴの部分は痛いです)

また、医療レーザー脱毛だと飲酒していない状態でも麻酔が必要なほど痛みがあります。

それにお酒による血行促進が加わると、より強い痛みを感じるリスクがあります。

もちろん、レーザーや光の出力を弱めれば痛みは軽減することができます。

ただ、照射パワーを弱めるということは、その分脱毛効果も弱まるということです。

そうなると、通う回数が多くなったり、脱毛費用が高くなったりとさまざまなデメリットを被ってしまうことになります…。

また、これは医療レーザー脱毛だけでなく、痛みが比較的少ない光脱毛でも同じです。

そのため、自分で自分を苦しめないためにも、なるべく前日のお酒は控えるか、少量にとどめることが大切です。

実際、接待や付き合いなどがあるため、どうしても前日にお酒を飲まないといけないという方もいます、

そのような方は以下のツールを使用して、アルコールの分解にかかる時間を逆算して飲む量をなるべく調整するようにしましょう。

【ツール】
飲酒習慣スクリーニングテスト(AUDIT)

脱毛直後に赤みやかゆみが生じやすい

レーザーなど強い照射パワーによるヒゲ脱毛は、必ずといっていいほど施術後に一時的に肌が赤くなり、ヤケドに近い状態になります。

(お酒を飲んでなくてもです)

施術前にお酒を飲むことで血行がよくなり、肌の赤みかゆみなどが生じやすくなります。

さらに、火傷など、炎症が起きるリスクも上がります。

そのため、施術とは関係ない要素で余計なリスクを高めないためにも、なるべく施術前の飲酒は避けるようにしましょう。

また、運動入浴などお酒以外にも血行促進につながる行為はこのような肌トラブルのもとになるので注意しましょう。

【脱毛後すぐのお酒も注意!】
肌の赤みや炎症、かゆみのリスクあり!

施術前の飲酒についてのリスクを解説してきましたが、施術後のその日の飲酒も避けるようにしましょう。

特に医療レーザー脱毛で施術をしてもらった方は、アルコールの作用で血行がよくなるため、脱毛による赤みやかゆみなどが強く出やすくなります。

そのため、翌日まで我慢するようにしましょう。

そのため、ここまでのことをまとめると、施術前日・当日お酒は極力避けて、翌日から飲むようにしましょう。

また、飲酒に関係なく、脱毛直後の肌はかなりデリケートな状態になっているの、いつもより入念な保湿ケアが大切です。

特に顔の場合、日々のスキンケアによって肌を健やかに保つことで脱毛効果最大限得ることができます。

そのため、ヒゲ脱毛をしている方は以下の記事をもとに日々のスキンケアも見直してみましょう。

【メンズ脱毛】ヒゲ脱毛前に絶対知っておくべき10の注意点とリスク最近では男性でも脱毛クリニックやサロンで脱毛する方が増えています。ただ、脱毛クリニックなどで施術を受ける際に、前もって絶対に知っておくべき注意点やリスク、肌トラブルがあります。そのため、脱毛を考えている方はこれらの点を理解しておきましょう。...

【施術直後にお酒を飲んでしまったら…?】
肌トラブルが起きたときの対処方法

もし、わかっていながらも、施術直後にお酒を飲んで、肌が赤くなったり、かゆみが生じたりしたら、まずは施術部位を冷たいタオルなどで冷やすようにしましょう。

また、クリニックであれば、軟膏などが処方されていると思うので、それを赤みが生じた部位にぬりましょう。

軟膏などがない場合は、冷やした後に保湿ローション保湿クリームなどをぬりましょう。

また、すぐにお酒はやめましょう。

【肌トラブルのリスクを最小限に!】
脱毛効果と安全性を高めるための工夫

ここまで、お酒・飲酒の観点からヒゲ脱毛前後の注意点をご紹介してきました。

でも、これ以外にも、ヒゲ脱毛安全性をより高め、脱毛効果を最大限得るための工夫はたくさんあります。

例えば、

初回のカウンセリングに訪れるときには、

しっかりと体調管理をする
初回訪問は毛を自己処理しない
アレルギーや持病がは申し出る
日焼けには注意して、ケアする
脱毛前の予防接種・薬の服用は避ける

などの点を意識することが大切です。

また、施術当日は、飲酒以外にも運動や入浴についても気をつける必要があります。

さらに、脱毛効果を最大限引き出すためにも、

日焼け対策を徹底する
清潔なシェービング
しっかりとした保湿ケア

などが重要になります。

このほかにも、脱毛当日に身につけるといいアイテムや他の肌トラブルのリスクなども前もって知っておくことは大切です。

脱毛前に知っておくべきこと注意点については以下のページにすべてまとめているので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね!

【メンズ脱毛】ヒゲ脱毛前に絶対知っておくべき10の注意点とリスク最近では男性でも脱毛クリニックやサロンで脱毛する方が増えています。ただ、脱毛クリニックなどで施術を受ける際に、前もって絶対に知っておくべき注意点やリスク、肌トラブルがあります。そのため、脱毛を考えている方はこれらの点を理解しておきましょう。...